模索するブログ

Just Exploring

SADECO(サデコ)ソーシャルメディアの活用事例 セミナー:おさらい・雑感

| Comments

あらまし

埼玉県産業技術総合センター様(SAITEC)と公益社団法人 埼玉デザイン協議会様(SADECO)との共催の、
WEBマーケティング×ソーシャルメディア活用塾』セミナー第2回目を終えての雑感です。

↓こちら第1回目
ウェブマーケティング基本のキ セミナー:おさらい・雑感 | 模索するブログ

AD

調布から北与野までバイクで行くと・・・

ぶっちゃけ遠いです。

遠いのはともかく今朝は寒かった・・・・。

周りのライダー達は用意周到で厚手のジャンパーを羽織りつつ、手袋オン。

調布のうっかりライダーは薄着・ノー手袋・半ヘルの東南アジアンStyleで望んだわけですが、凍え死ぬかと思いましたYO!

本日の反省点

凍えた状態だと、セミナーがはじまっても・・・・、

寒くてウィンドブレーカーが脱げません。

ろくろも小さめです(´・ω・`)

ウェブセミナーというよりガテン系です。

後半になり、上着を脱いだ頃からまたいい感じのろくりんぐができました。

まあ、どうでもいいか(笑)

本日のおさらい

Facebookページの細かい運用方針については、
こちらのサイトを見て研究するとよいです。

facebookプロモーション国内事例集

スターバックスやナイキやコカ・コーラのようなグローバルブランドの事例だとリアリティが持てませんが、こちらのサイトで掲載されている事例は「This is 最高にちょうどいい」です。

で、具体的な運用をする前にぜひもう一度見なおしていただきたいことは、

=====
1)その商品やサービスはWorth Spreading?(広める価値があるや否や?)

TED: Ideas worth spreading

ソーシャルメディアで何でも口コミを起こせるなんて幻想です。

=====
2)その商品やサービスの本質的価値を「明らかにする、磨く、重ねる、変える、創る」

本質価値と付加価値についての覚え書き: ある広告人の告白(あるいは愚痴かもね)

味噌汁の美味しいハンバーグ屋さんとiMacの話です。
このブログ記事は素晴らしいです。
ぜひ皆さんもご覧になってください。

=====
3)その商品やサービスはドミノ倒しできてる?

秋元康センセーがいいことを仰っています。

長引用させていただきますm(__)m

多分この中にも同じような考え方の人がいらっしゃると思うのですが、僕は40歳までちょっと勘違いしたり思い上がっていたりしたなと思うのは、例えばテレビだと「この時間帯はこういう層が見ているんだ」とか、映画は「この層を当てにいく」とか、ターゲットを先に考えていたんです。つまり、「大衆はこういうものを望んでいる」と。オンエア時間に自分の家にいても、その番組を見なかったり、自分の関係した映画が公開しても、わざわざ見に行かなかったりすることに気付くんです。

 そこで分かったのは、当たり前のことなのですが、「大衆のために作っている」と言いながら、自分も大衆の1人であることを忘れているんです。まあ、そんなのに気付く人はいっぱいいるのでしょうが、僕は40歳くらいで気付いた。「なるほど、自分が面白くならないとダメなんだ」と。自分がワクワクして面白いんだと思わない時、それはターゲットがどこであれ、絶対当たらないですよね。

 コンテンツが当たる時というのは、ドミノ倒しのように倒れていくんですね。タレントでいえば、一番のファンはお父さんやお母さん、友達だったりが「あなたAKB48のオーディション受けなさいよ」と言って受けて、今度はそこのマネージャー、そしてファンが順番に倒れていくんです。でも、まず自分が倒れないとドミノは倒れていかないんですよね。

Business Media 誠:「分からないものが一番いい」――秋元康氏のAKB48プロデュース術 (7/7)

次回は

11月7日(水)です。

「WEBマーケティング×ソーシャルメディア活用塾」開催案内 | SADECO 最新情報

後半戦もよろしくお願いいたします!

結城ブレイクオンスルー

PR