模索するブログ

Just Exploring

Google Nexus7レビュー(という名の自慢)

| Comments

Nexus7(ネクサスセブン)のある一日 | 模索するブログ

Google謹製7インチAndroidタブレットのNexus7(ネクサスセブン)

結論:
これは相当(・∀・)イイネ!!
普通に考えると買った方がいいYO!

以下、経緯や感想諸々。
スペックとかはいろんな人がまとめているのでぜひそちらを!

◆最近のデバイス歴:
・iPhone3GS/4S
・iPad1
・HTC Desire
・中華Pad(momo9)
iOSもAndroidも10インチも7インチもひと通り使っている。

◆7インチの中華Pad購入
仕事柄ITやマーケティング関連の記事を良く読むが移動中にiPhone4Sで読むにはあまりにもスクロールが頻繁になり過ぎて目が回る、さりとて常にMacBook Airの11インチを持ち歩いているのでさらにiPadまで携帯するのは重すぎる、ということで6月11日にAmazonのレビューでなかなか評判のいい7インチの中華Pad『momo9加強版』を8,100円で購入。
7インチTABの軽さや持ちやすさ、ウェブ上の記事の読みやすさを実感。

PR

◆Google I/O 2012
Nexus7の紹介のくだりをYouTubeで見てたら衝撃的に欲しくなった。

どう考えても199ドル(約16,000円)のスペックではない!
・Tegura3Quad Core
・動画視聴9時間のバッテリー
・1,280×800px(216PPI)

◆NYの友人に購入依頼
7/1注文→7/13出荷→7/17NY着→7/20(金)NY発→7/23(月)日本に到着
FedExで送料は30$らしい。日本時間でいうところの金曜日の未明に出荷で翌週月曜日の午後イチで到着した。ずいぶん早いね!

◆ファーストインプレッション
・画面がキレイ
Retinaの定義が人間の目でみて差異がわかる上限の300PPIを超えているとかだったと思うが、iPhone4S(326PPI)は確かにすごいが、新型iPad(264PPI)あたりとはそんな変わらない→Nexus7(216PPI)。iPad1/2(132PPI)やiPhone3GS(163PPI)と比べるとはるかにキレイ。自称ほぼRetinaディスプレイ(笑)。また発色もいい。
・動作がめっちゃサクサク
動作ごとにプリフリーズが発生しがちな中華Padとの比較ではもちろんiPhone4Sと比べても遜色ない。

◆Nexus7のススメ
Nexus7がものすごく(・∀・)イイネ!!という理由として、
7inchタブレット/Android Jerry Bean/ハードウェアスペック
この3つの要素があるけどごちゃまぜに良いと思う点を書き出すと、
・軽くて小さい。カバンに突っ込んでても気にならない340g(iPadの約半分)
・サイズ的にスマホと同じような感覚でフリック入力ができる。
・手に持った時にディスプレイと目(視野)との距離感がiPadやスマートフォンよりかなりいい。
・よってKindleアプリで書籍を見てもiPhoneやiPadよりも本を読む気になる。ってかこれがあればKindleとかKoboとかいらない。
・Chromeブラウザが当然ならがiOS版よりできがよい気がする。早いのはもちろんダブルタップしてズームインした時の文字サイズも調整できるというところが素晴らしい。
・Opera Mobileあたりだとピンチインしてズームインさせるに合わせて文字も無段階に拡大させたりできるのはAndroidのメリット。
・Androidのホーム/ひとつ前の戻る/最近使ったアプリの3ボタン制は秀逸。実はAppleがiPad Miniを出してもNexus7より良いモノができるとは思えない部分がここ。iPhoneはともかくタブレットだと画面上部左まで毎度手を動かして戻ったりするのはたいへんもどかしい。いわんやアプリ間の切り替えもiOSよりAndroidの方がはるかに上。基本的にiOSはAndroidより洗練されてて良いと思うけど操作速度(設計)とマルチタスク(アプリ間切り替え)はAndroidの方が上。タブレットになるとその差が際立つように思う。

・フロントカメラがない/SDスロットがない、この2つが弱点と言われるけど自分の使い方だと別に要らない。動画とか写真もすべてPicasaとかだし端末にアプリ以外いれないし8GBでも全く不自由しない。フロントカメラはそもそもタブレットでなんで必要かがわからない。タブレットで写真を撮るって相当カッコ悪いような・・・・(笑)

・期待値よりやや下回るのはバッテリーの持ち。動画視聴9時間だからiPadの10時間とそんなに変わらないと思っていたけどTwitterやFacebookやFlipboardをしているとぐんぐんバッテリーが減る、ような気がする。
でもネガティブ要素はそれくらいかな。(技適問題はあるけどw)

◆何に使っているか?
・Twitter/Flipboad/Zite(UIいまいち)/カレント/Facebookからのウェブブラウジング
・huluで映画視聴(期待していなかったけど動いた!これマジ感動(泣))
・ゲームほんの少々(このへんはiOSの方がはるかに充実してる)

このNexus7は自分的にはかなりの大ホームランだけど実はそこそこのスペックの7インチタブレットだったらなんでも良いような気もしています。iPadを使っている人の一部は同意してくれると思うけどあれはやっぱり重たすぎるし大き過ぎる。入力系の仕事に使えそうに見せておいて実はやはり使えない。よってその入力系(≒仕事系)はMacBook Airとかのノートになるのでそうするとキャラも重さもバッティングする。その点7インチはノートPCと一緒に持っても気にならないしスマートフォンとも違う体験ができる。

こういう素晴らしい7インチタブレットを触ると、iPadの9.7インチは実はAppleの判断ミスではないか・・・・と思ったりもする。
9.7インチの方が良いのは『プレゼン的に人に見せる用途』と『子供と一緒に見たりゲームしたりする時』だけで、1人で使うのであれば絶対に7インチがいいと思うな~~。

ということで、Nexus7レビュー(に見せかけた自慢)は実は7インチタブレットのススメであり、この先出てくると言われているiPad MiniやKindle Fire2でもなんでもそんなに変わらないのかなという結論です。
iPadが7インチでなくて7.85だっけな?とかいう噂もあるがそれは中途半端。REGZA7.7タブレットを持った時もその中途半端さにずっこけた。微妙に片手で持てない(笑)

ひとつ言えることはもともと日本のメーカーはそんなにAndroidタブレットにヤル気がなかったと思うけどこんなのが18,000円とかで日本で売られたらもう完全に終了。

9.7インチのiPadだけだと、思ったより(ジョブズが思っていたであろう、より)ライフスタイルへの影響というのは今までのところ小さいけど、7インチタブレットが普及するともっともっといろんなモノを置き換えて、産業の新陳代謝が進むのではないかと思います。

厳しい時代でありかつ楽しい時代なので消費者としてこんなデバイスで遊びながら、次のビジネスも模索していきましょう!

以上

 

 

Nexus71ヶ月レビュー

 

コメント

  1. […] Google Nexus7レビュー(という名の自慢) […]