模索するブログ

Just Exploring

Chromecastがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!

| 件のコメント

『Chromecastがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!』
Vol.63



やって来たというかビックカメラに買いに行ったのですが・・・。


それはそうとこれは買いです!

バンッ!(机を叩く音)

( ー`дー´)キリッ


◆Chromecast(クロームキャスト)とは??


テレビのHDMI端子に差し込むUSBメモリくらいのデバイスで

コイツをテレビに刺しておくと、

スマホやタブレットの対応アプリの映像や
Chromeブラウザのタブをテレビにキャスト(投影)でき、
大画面で楽しめるというもの。

昨年アメリカなんかで発売され、
5月28日からは日本でも購入できるようになりました。

http://www.google.com/intl/ja/chrome/devices/chromecast/


対応アプリは現時点では実質YouTube程度なのでですが(実際にはいくつかある)、
SDKが公開されているので順次対応アプリは増えていくと思われます。

米ではhuluも対応済みらしいので日本もはよ!

んでこのChromecastがすごいところは、


1)価格が激安
4,200円(税抜き)です。

→タダみたいなもんです。


2)入力切り替えが不要
テレビを見るのとは違う入力端子となりますが、
リモコンで入力端子を切り替えなくても、
スマホなりから「chromecasで再生」を選べば自動的に切り替わる。

この手のデバイスはちょっとでも面倒があると使わなくなるけどコイツは楽ちん。


スマホやタブレットをまさにリモコンのようにして操作できる感じ

現時点ではキャストするコンテンツの
「選択」「再生」「一時停止」「音量」をコントロールできるに過ぎないけど、

ECとかもテレビ上でできて
皆んなでワイワイ言いながらやるようになるんじゃないかななんて思いました。

エンタメの個から複数(家族など)への揺り戻し的な感じがいいのです。



何の気なしにEXTREMEのモア・ザン・ワーズを見ていたら、
妻に、

「何?この長髪の気持ち悪い男二人は?」

なんて言われので、

「いやいや、彼はね、ヌーノ・ベッテンコートというな90年台を代表する・・・・・」

とコミュニケーションが深まること請け合いです(ホントか?)。



アップルTVを持ってないのでよくわかりませんが、
SDKをオープンにしていることで今後の展開が違ってきそう。

個人的にはテレビ自体をスマートさせる必要はないとウッスラ思っていたけど、
このChromecast的な方法論が解なのかも知れませんね。
(iTVというアプローチではなく)



どこまで外部アプリが対応するのか読めませんが、
まあ安いので買ってみても損はないかなという1品です。

Amazonで買うならこちら。
http://goo.gl/FoplqB


個人的には2012年のKindle日本上陸以来のワクワクです
( ^ω^)ワクワク

もしくは2010年にiPadを買った時に、
ウェブの記事やブログってしかるべきデバイスを使うと、
ストレスなく読めるんだと気づいた時の感覚でしょうか。

YouTube動画ってテレビで見るといろいろいいなって感じ。


Chromecast: For Bigger Fun
http://youtu.be/cKG5HDyTW8o




【おまけの話】

数年ぶりに古巣の大賀道場に復帰し、
ブラジリアン柔術の練習を再開することにしました!

大賀道場
http://www.ohga-dojo.com/



きっかけはいくつかあって、


1)カッコイイ40代計画

来月の誕生日で40歳になります。
最近体型とかまじアカン人になってきたので。


2)柔術の合理性に今さらながら気づいた

じつは直前までムエタイをやろうと思っていました(笑)

んで、
YouTubeでサムゴー・ギャットモンテープという左ミドルが超絶にすごいタイ人の
動画を見ていたけど、明らかに痛そうやな・・・と(笑)。

またサムゴーほどの実力者でも、相手を倒すまでにかなりの時間を使い、
その分被弾もしています。

柔術の相手も自分も極力傷つけずにサッと闘いを終わらせるという哲学はやっぱ正解だなと。


3)佐藤ルミナの引退

ルミナさんが引退するって聞いた時から、格闘技に夢中だった20代を思い出し、
ムクムクと自分の気持ちになにか変化が起こったこと。

“修斗のカリスマ”佐藤ルミナ引退。宇野薫が最後に送った14年前の言葉。(1/3)
– Number Web – ナンバー
http://number.bunshun.jp/articles/-/818880




あとはいわゆる「中年の危機」ってヤツなのかどうかわからんけど、
ここ1年ほどで、
ジンセーを前半と後半とで分けて考えるようになり、

いろいろチャレンジした前半に対して、
後半はどうしていくかとアレコレ考えたりしているうちに、
答えが出てこなくなったので、
ここはいっちょ格闘技だなと(笑)

なんだか全く論理的じゃないけど、
今までも自分の生き方が見えなくなった時とか、
助けてくれているのは格闘技で、
自分の転機となるのもたいてい格闘技だったのです。

15歳、25歳に続いて39歳にして
三度格闘技に助けてもらおうなんて思ったり。

またこれからは、
多少なりとも格闘技に貢献してもいきたいなとも考えたり。


昨日(5/31)は父が亡くなってからちょうど1年。
別に喪に服してもなんにもしてないけど、
ひとつの節目のようなもので、

気持ち的に「打って出るか!」というマインドになってきたのも
理由のひとつです。


しかも今度は、
45までに黒帯取得くらいの勢いで頑張ります。
(週一くらいしかできないけど・・・)


皆さんも、いっちょ格闘技どうですか?(笑)




以上、そんなこんな今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

最後までお読みいただきましてありがとうございましたm(__)m
AD