模索するブログ

Just Exploring

ジェームス・ディーンだったあの日

| 件のコメント

「ジェームス・ディーンだったあの日」
(Vol.60)

というわけで引き続きよろしくお願いいたしますm(__)m

そもそも、
このニュースレターは、

2010年1月にプライベートで訪問した
韓国でのスマートフォンの普及率の高さに衝撃を受け、

「24時間30cm以内にインターネットデバイスがある社会」
ってどうなるのかな?

ってことを考え始めたのがきっかけでした。

当時の結論としては、

世界がネットワーク化される

仕事の取り合い

平均的日本人の英語力を上げなきゃね

オンライン英会話ってどう?

って感じで「フラット化する世界」的な社会になることをイメージしていたけど、

そうなるのはもう少し時間軸的に長~い話。
(って思ってると茹で蛙になっちゃうかもしんないけど・・・)

実際にこの間、
3年半程で激変したのは、
ライフスタイルの部分、
もっというとエンターテイメントの領域なんだと思います。


で、このエンタメ領域のなかでも、
家庭におけるエンタメデバイスの雄である
「テレビ」が次の革命の主戦場と言われており、

AppleがiTVで

◎「テレビを再発明する」

なんて噂もあったりします。

ここでの噂としては、
いわゆるスマートTV的な方向性で、
テレビ自体をスマート化させ、買い替えを促すアプローチです。

それはそれで「全くナシ」ではないでしょうけど、
耐用年数の長いテレビを「買い替え」させるのは
Appleと言えども難しいでしょうね。

そんな中、
Googleが事前のリーク情報一切なしに突如として発表した、

◎「Chromecast(クロームキャスト)」

コイツはかなりゴイスーです。

Chromecastとは???

◎テレビのHDMI端子に差し込む小さなデバイス
◎雰囲気としてはUSBメモリ
◎iPhoneやiOSの対応アプリ(YouTubeとか)の映像をテレビに投影させられる
◎Chromeブラウザ上のウェブページや動画もOK

スゲェざっくり言うとこんな感じ。

でもこれだけだとAppleがすでに市場に送り出しているAppleTVと変わんないですよね。
なにが違うかというと、

◎価格が安い!たった35ドル(≒3,500円)
◎マルチOS(Android、iOSやWindows、Mac)、マルチデバイス(スマートフォン、タブレット、PC)対応
◎ほぼ作業はHDMI端子に差し込むだけという利便性

間違いなくNexus 7に続く、
Googleハードウェアのヒット商品になると思います。

この商品の何がゴイスーかと言うと、

◎テレビをただのディスプレイに格下げしてしまうこと
◎家電各社のスマートTV戦略を無力化してしまうこと

です。

つまりテレビ自体をネットに接続させる必要がないし、
放送ではなく通信でコンテンツを入手できるようになるわけです。

アメリカでは7月下旬から発売されているっぽいですけど、
日本では今のところはまだ。

対応アプリが拡大していきさえすればかなり面白いことになりそうです。

現時点でもChromeブラウザのミラーリングができるのでhuluなどもバッチリ使えます(^_^)v

詳しくは、

Chromecast: For Bigger Fun(1分のプロモ動画)
http://www.youtube.com/watch?v=cKG5HDyTW8o

Google製HDMIスティック「Chromecast」開封の儀&ファーストインプレッション
– ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/396695

購入はこちら
http://www.google.com/intl/en/chrome/devices/chromecast/

Apple信者の皮を被ったChrome信者としてはすぐ個人輸入したいくらいなのですが、
今回は出遅れました!

実際に買った人がいたらぜひ感想を聞かせて下さい。

パナソニックのCM放映を民放各社が拒否、スマートビエラが欲しいという声が多数
http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/08/panasonic_n_3559736.html


世界市場攻略に目を向けていると、
こんなことしている場合じゃないって気づくと思うんだけどな・・・・。

★ ★ ★

Chromecastみたいなデバイスが普及すると、
コンテンツとコンテンツの間に広告を挟み込むという、
地上波式マネタイズモデルはなかなかしんどくなりそう。

(現時点では違法?グレーゾン?ですが)
地上波の番組をもYouTubeやパンドラなどで見るケースもあるでしょう。

ただでさえレコーダー経由では広告はスキップ対象ですしね・・・・。

ユーザー視点ではなんでも「無料」に越したことはないのですが、
素晴らしいコンテンツ制作にはそれ相応のコストが掛かります。当然ですが。

その制作コストを賄うための手段として、
受益者負担のユーザー課金という方向があり得ますが、
それに加えて、

「プロダクト・プレイスメント」

がもう少し活用されてもいいのではないかって思っています。

プロダクト・プレイスメントとは???

===
プロダクト・プレイスメント(Product Placement)とは広告手法の一つで、
映画やテレビドラマの劇中において、役者に特定の商品を絡ませるやり方。

現在はCM飛ばし等の流行により、
テレビ番組だけでなくCMの効力そのものが急降下している為、
新たな宣伝手段として日本でもようやく活発化し始めた。P.P.(もしくはPP)とも呼ばれる。

なお、劇中の悪役(容疑者・犯人など)や嫌われ者などが使用している場合、逆効果にもなりえる。
これを意図的に行うものはアンチ・プロダクト・プレイスメントと呼ばれる。

http://goo.gl/zndxY
===

例えば福山雅治主演の人気ドラマ「ガリレオ」でも、

「サントリー」
「TOYOTA」
「P&G」
「エステー」
「NTT docomo」
「メナード」

が主要スポンサーとしてクレジットされており、
多分劇中にもトヨタの車とか、docomoの携帯あたりは登場しているはず。
iPhoneではなくてね。

福山雅治絡みか… | Cookie Freak – 楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/cookiefreak/diary/201307250000/

湯川教授が使っていたWindows8のタッチPCもなんらかの取り組みがありそうです。

さらにググると、
湯川教授の研究所の工具セットもプロダクト・プレイスメントらしいです。

===
“LOBSTER”ブランド 知名度UPへの取り組み
●プロダクトプレイスメント広告
各社への美術協力を行なっております!

2ページ目
http://www.lobtex.co.jp/Portals/0/images/pages/ir/business_report/130_business_report.pdf
===

かつて、
アル・ゴア元副大統領の映画
「不都合な真実」
を見た時に、

「えらいMacの露出が多いのぉ~」

と思ったら、
当時ゴアさんはAppleの取締役だったりね。

Apple (日本) – Apple Press Info – アル・ゴア元米国副大統領、アップルの取締役に就任
https://www.apple.com/jp/pr/library/2003/03/19Former-Vice-President-Al-Gore-Joins-Apples-Board-of-Directors.html

Appleと言えば、
こんな記事もあった。

===
ところで、
この記事のプロダクト・プレースメントのデータを確かめるために色々なページを読んでいたら、
オモシロイ仮説というか分析の記事があった。

これらの海外ドラマの中で

主人公の正義の味方はアップルのパソコン、
悪者や犯罪者は Windows パソコンを使っているのでは、

という仮説だ。

プロダクトプレースメント:アップル(Apple)の成功事例
http://www.tm256.biz/archives/2009/02/apple-product-placement.html
===

実に興味深い。

でも、あんまりアンチ・プロダクト・プレイスメントを派手にやってると、

「やられたらやり返す、10倍返しだ!!( ー`дー´)キリッ」

となっちゃいますけどね。

プロダクト・プレイスメントのメリット

◎コンテンツと一体化されているからスキップされない
◎コンテンツと一体化されているから心に残る

デメリットは、

広告主獲得とコンテンツ制作とのスケジュールを合わせるのが難しそう
◎コンテンツは永遠だけどプロダクトは永遠ではない

とかかな。

まあでも大したデメリットがないからどんどんヤレッ!
って感じですけどね。

プロダクト・プレイスメントかどうかは知りませんけど、

◎『ローマの休日』におけるベスパのスクーター

◎『理由なき反抗』におけるLeeのジーンズ

※その後リーバイスが広告にジェームス・ディーンを起用したので、
イメージとしては、
ジェームス・ディーン=リーバイス
に人々の認識が書き換わってるけど。

もし、これを「プロダクト・プレイスメント」として、
仕掛けた人がいたとしたら一世一代の大仕事ですよね。

ちなみに学生時代に、

インド・タイ旅行した時に「赤いジャケット」をずっと着ていて、
バックパッカーの中では「赤い服のオトコ」なんて異名をとっていたのですけど、

アレ、実はジェームス・ディーンのつもりなんやってん(´・ω・`)
ジーンズもLeeだったし。

以上、
そんなわけで、
最後に結城がジェームス・ディーンだった時代の写真を貼っておきます。

Facebookアカウントがなくても見られるのかな?

http://goo.gl/isLLUF
http://goo.gl/WY3iy2

当たり前だけど、

何もかもが大きく違うね(笑)

お読み頂きましてありがとうございましたm(__)m