模索するブログ

Just Exploring

はじめてのクルマ売却顛末記

| Comments

th_IMG_2388

2005年に新車で買ったホンダのフィットを売却することにしました。

◎フィット1300A(2005年モデル?)
◎走行距離45,000km
◎無事故
◎色は赤

買った当初は半ば社用車のごとくゴルフ場を営業でまわったり、
各地のイベントでアサイーを搬入をしたりと大活躍でしたが、
ここ数年はメッキリ乗車機会がなく、
特に冬場はバッテリーが1シーズンで2回上がったりするなども。

週に一度バッテリーを上げないために車でフィットネスジムに通ったりようわからん状態になっていました。

ざっくり月1万円くらいは維持費(ガソリン代は除く)が掛かるらしく、
持っていても価値が減損していくだけだし売っちゃうかということになりました。
(近所にカーシェアリングができたこともあり)

で、まったく車に関心がなく知識もないのでまずはFacebookで、
どう売れば良いのかを友だちに相談。


【質問】クルマ好き・詳しい人に質問です。
2005年に新車で購入したホンダのフィット(赤・1300A・45,000km)を売却しようとしています。
そこでどうしたらいちばん有利な条件を引き出せるのか?
教えてもらえたら嬉しいです。
とりあえずさっき1社、そして明日3社が見に来られますけど、
直販とかできるもんなの?とかヤフオクとかでいいの?とか

現金でいちばん多くもしくは軽自動車と交換できるのを目標としています。

とにかく乗らない。月に1回乗るか乗らないか、しかも調布から飛田給とか(笑)
そんなレベルなので維持費がもったいないかな、と思いつつも、
まったく車がないとそれは不便じゃないかとも思い軽くらいはあった方がいいか、なんて思っています。

結城 聡 – 【質問】クルマ好き・詳しい人に質問です。…

ガッツでオークションで直売するのがいちばん高値で売れそうな感じでしたが、
その後のトラブルとか面倒ですし、そもそも車の状態も正確に説明できないということもあり、
オーソドックスに買取会社さんに査定してもらうことにしました。

査定一括依頼サイトで4社に打診をしました。

査定日程調整の電話のやり取りで気づいたのが、
各社とも、
ものすごく買取したそうな雰囲気なのです。
絶対に他社には負けねぇ、負けたくない!
どこよりも早く査定にいきたい!みたいな。

エコカー減税の影響などで中古車が全く売れないなんて話を聞いていたけど、
少なくとも買取会社の利ざやは大きいということがとてもよくわかった。

で、こっちとしては、
フィットがいくらで売れるかの相場感がよくわからないので、
情報を集めながら交渉していくことにした。

1社目さんとの話で、
15-20万円くらいでなかろうかという意見が出ていたので、
インド人ばりの最低価格15万円の2倍の30万円を目標とすることにした。
倭僑魂です。
ここはとりあえず相場感を理解したところまでで商談が詰まらず終了。

2社目さんには、
「30万円だったら売ります。それ未満でしたら売りません。」
と短期決戦を挑んだ。
で回答は「ノー」
帰っていかれました。

とりあえずこれで、
30万円の価値はないことがわかりました。
なんかやってることがインドとかタイを旅している時の価格交渉と一緒なんだけど(笑)

で、
3社目と4社目さんは一緒に査定してもらうことに。

4社目さんは業界最大手ということもあり、
無理をしないタイプのご担当でした。
決して激しく競ったりしない感じ。

でも3社目さんがそれとは真逆の、
血気盛んな若者で他社には絶対に負けない!
そして他社と競合していることを口実に条件悪くとも車をなんとか持って帰りたい!
という営業実績を上げるために安売りしてくる営業マンのような雰囲気を感じ取りました。

まずこの3社目さんにこっそり声を掛けました。
「30万円だったら売りますよ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )」

「多分いけると思います( ー`дー´)キリッ」
という回答だったので期待していたのですが、
本部とのやり取りで結局回答は、
「ノー」。

「だいたいどんなもんですか?」
と聞くと、
「15-20万円程度です・・・・」
と。

「15-20万円だったら売りません。乗り続けます。」
と伝えると、
「いくらだったら売ってくれますか?」
と食い下がるので、
「25万円以上だったらいいですよ」
と回答。

するとこの3社目の血気盛んな若者が、
「では4社目さんと25万円スタートの一発勝負でどうでしょうか?」
と提案。

「それでいいですよ」と回答。

「4社目さん、25万円からの一発勝負をしたいのですけどいいですか?」
と血気盛んな若者が4社目の無理をしないタイプの担当に打診。

(´・ω・`).。oO(ゲッ!!25万円から!?そんなに出せないよ・・・)

とあからさまに嫌そうな顔をするも、
買取業界の掟として敵前逃亡はできないようで、
とりあえず参戦することに。

双方ともに5分程やり取りをして、

まず3社目さん
「スミマセン・・・。25万円に上積みどころか25万円自体が無理でした。サーセンっ!」

そして4社目さん
「スミマセン・・・。1円も積めません。25万円が限界です。サーセンっ!」

ということで、
本来はそこまでの金額を出せなかったであろう、
なんとなくやりたくもない戦いに被害者的に巻き込まれた
業界No1の4社目さんに決定!!

売却金額=25万円

★ ★ ★

本来20万円くらいで決着がついていたと思うけど、
3社目さんが
「25万円からの勝負」
という感じで上で基準を作ってくれたので、
事故っぽく5万円程度は上積みできて良かったのかなー。

こういう、
素人とプロとの間に著しく大きな情報格差があるマーケットには、
まだまだIT革命の余地があるな、なんて思ったりも。

Facebookでアドバイスを下さった方々、
そして査定に来てくださった買取会社の皆さん

どうもありがとうございましたm(__)m

th_DSC_0431

ある晴れた昼下がり 市場へ続く道
荷馬車がゴトゴト子牛を載せてゆく
可愛い子牛 売られてゆくよ
悲しそうな瞳で見ているよ
ドナ・ドナ・ドナ・ドーナ 子牛を載せて
ドナ・ドナ・ドナ・ドーナ 荷馬車が揺れる

th_DSC_0440

ありがとう・・・・・

PR