模索するブログ

Just Exploring

白ヤギ出版:Kindleセルフ出版(KDP)での表紙作成サービス(割引あり)

| Comments

スクリーンショット 2013-04-24 10.04.32
あなたのkindle出版にプロの作る表紙を | 白ヤギ出版白ヤギ出版

結城ブレイクオンスルーです。

ご案内をいただきましたので、
微力ながら告知協力をさせていただきます。

Kindleセルフ出版(Kindleダイレクト・パブリッシング=KDP)にトライする理由は、

1)収益を求めて
2)広い意味で宣伝になりゃいいかな
3)創作欲求、楽しければ(・∀・)イイネ!!

こんな感じではないかと思います。

どれか一つと言うよりはどれに重きをおくかというものでしょう。

例えば私であれば、

宣伝>>>>>>創作欲求>>収益

という感じ。

で、この白ヤギ出版さんの「表紙作成サービス」は、

「宣伝」「創作欲求」の要素が強い人にはオススメできます。

あなたのkindle出版にプロの作る表紙を | 白ヤギ出版白ヤギ出版

いかんせん、
現時点では私が知るところでは、
無名のインディー作家だと1,000冊売れたらまずは御の字という市場環境ではないかと考えます。
それも100円とかで。

◎100円×1,000冊×35%=35,000円

そもそも、
それだけ売ってもこのくらいにしかならないので、
素人が収益を求めるのはなかなか厳しい。
(もちろん今後はそれで食える人も出てくると思うけど)

入りがそんな金額なので、
収益を求める人がお金を払って表紙を作るのはどうかなと思うけど、
まあ表紙のチカラで売上が、
単価100円の場合で1,000部上積みされたらいいんだけどね。

ってことで、

逆に細かい収益とかはどうでもよくて、

自分の存在や自分のアイディアを世の中に広めたい、という人や、
作品としての完成度を高めたいという人の方が使い勝手がいいと思うんですよ。

例えば私の2冊の本も表紙は今思えばテキトー過ぎました(笑)

ウェブ上はもとよりリアルな場でも、
頻繁に利用するのでもうちょっと小マシな表紙にしておけばよかったなーと思ったりしています。
特に1冊目ね。

もしこのブログを見て、
白ヤギ出版さんに依頼をされる方は、

「botで聞いた」とコメント欄に書いておくと1,000円ディスカウントしてくれるらしいです。

しかも私までAmazonギフト券をもられるとか。

そんなこんなで、
Kindle本の完成度を高めたい人はぜひご利用下さい。

あなたのkindle出版にプロの作る表紙を | 白ヤギ出版白ヤギ出版