模索するブログ

Just Exploring

【世界の調布】国領神社の千年乃藤

| Comments

結城ブレイクオンスルーです。
調布が世界に羽ばたいていけるように応援しています(ウソ)。

「千年乃藤」で有名な地元調布のそのまた地元である国領神社で撮影しました。

藤は短いのでバタバタしているとタイミングを逃してしまいます。
10年近く調布に住んできちんと見るのは二度目です(笑)


これがために調布に来る人はさすがにいないと思うけど、
地元の人は今が見頃なのでぜひどうぞ!

th_5BAEE4F0-4B96-4839-B9DC-EC57E7AA26D3
th_3666BABD-DBAF-45FD-AC77-01C91A92AF2E
th_2997513F-F3B0-4912-B363-E1C1AC7084BD
th_EF626D23-DC0D-4415-95C0-29BD772EF95C
th_F9EDE5B1-56B9-4025-B235-00F4556AAF35

【千年乃藤】
御神木として藤の木があります。
この藤の木は、樹齢約4~500年といわれ、人々は畏敬の念を込め、「千年乃藤」と呼んでいます。
以前は大人ふたかかえ以上の欅(ケヤキ)の木にからまり、現在の甲州街道の方まで延びて、藤の花を咲かし実を生らしていました。
しかし、落雷のために枯れ、倒木の恐れが出てきたので、藤の木を保護するために欅の木の代わりに電柱を2本立て、鉄骨製の藤の棚を昭和47年4月に造りました。
この藤の棚は、高さ約4メートル、面積約400平方メートルあり、棚一面に藤の枝が広がっています。
藤の花は、4月の下旬から5月の上旬にかけて開花し、4月から5月にかけての連休の頃が一番の見頃です。
(桜の開花が早いと藤の開花も早まります。)
棚一面に薄紫色の花房をつけ、甘い藤の花の香りを境内はもちろん付近にまで漂わせ、遠近の人は参拝と花見に、また、甘い香りをたよりに種々の昆虫も集まってきます。
この藤は、幾歳月を経て今日もよく延び茂るので、延命・子孫繁栄・商売繁盛、万物繁盛に通じ、また「フジ」の字は不二・無事に通じ、災厄を防ぎ守る御神木として敬い崇められています。

【國領神社】東京都調布市国領町鎮座/千年乃藤/祈願/御神札/御守 – 國領神社