模索するブログ

Just Exploring

コーポレートサイト、ブログ、Facebook、twitterの使い分けについて

| Comments

結城ブレイクオンスルーです。
ネット通販を強化していこうと決意しました( ー`дー´)キリッ

数年前から、
「自社の企業サイトとブログとtwitterとFacebookとかの使い分けがよくわかりませーん(泣)」
という質問をよく受けます。

基本的にこう考えればシンプルではないでしょうか。

th_メディアの使い分け

◎公式(コーポレート)サイトの新着情報では事実を事実としては正確に掲載。

◎ブログはそれを受けてそこに至った背景や想いなどを補足して書く。

◎TwitterとFacebookはツールとしては少し思想が異なりますが、
現実的なところでは「Twitter派」「Facebook派」に分かれているだけだったりしますので、
同時ポストで十分(工夫は必要)。
そこでブログ記事を拡散(デリバリー)します。
ソーシャルメディアの素晴らしいのは、
単なるデリバリー手段というだけでなく、そこでコミュニケーションをとることができるところです。

◎コミュニケーションをするなかで、さらなる補足説明の必要が生じた場合、
ブログもしくは正式プレスリリースにまでさかのぼる。

弊社の事例ですと、

1)やる気が出ない時に読む本 -キミを熱くする30のコトバ!-出版代行のお知らせ | ブレイクオンスルー
コーポレートサイト

2)「やる気が出ない時に読む本」 -キミを熱くする30のコトバ!- | 模索するブログ
ブログ

3)Twitter・Facebook

スクリーンショット 2013-04-03 16.33.10

という感じです。

公式情報を受けてからのブログ十段はサイバーエージェントの藤田社長です。

渋谷ではたらく社長のアメブロ

上手い事例が探しだせなかったのですが、
正式発表済みの事柄の補足説明がいつもかなりわかりやすい。

複数ブログでの使い分けであれば、
ムーバブル・タイプの運営者であるシックス・アパート社の、

広報ブログ | Six Apart

Six Apart ブログ

広報ブログは会社自体の紹介をプレスリリースより軟式で。
Six Apartブログは面を広げるコンテンツ・マーケティング的な側面が強い。

ご参考までに。

AD