模索するブログ

Just Exploring

2013ブログ復権の春

| Comments

仮出所してきた堀江さんが30kgの減量に成功した(?)のに触発されて、
刑務所風ダイエットに挑もうと思っているブレイクオンスルーの結城です。

すでに半周遅れの感はありますけど、
一部ネット界隈にてこんな記事が注目を集めていました。

「TwitterやFacebookの次は何が来るか」だって?そりゃお前、ブログに決まってんだろ!
– イケダノリユキブログ
http://www.ikedanoriyuki.jp/?p=3680

この記事は個人の”思考”発信ツールとしてのブログを見直そうという趣旨ではありますが、
企業のマーケティングツールとしてもブログはもっと再活用されるべきだと私は考えます。

振り返ると、
2004年から一般化してきた「個人ブログ」は、
HTMLなどの知識がない人でも簡単に更新ができるという利便性(コンテナとしての機能)のみが評価され、
そこに何を書くべきかというコンテンツ論はあまり起こっていなかった(と思う)。

ちなみに「ブログ」は、
2005年のユーキャン流行語大賞にノミネートされています。

「のまネコ」
「電車男」
「ホリエモン」
「愛・地球博」
「クールビズ」
「ハードゲイ」
「フォーーー!」
「iPod」
「フィッシング」
「萌え○○」

おい、ずいぶんと懐かしいじゃねえかよ(笑)

この時代のブログと言えば芸能人ブログか社長ブログであり、
どちらも平たく言うと「日記」です。
(もしくは身辺雑記)

この身辺雑記的日記ジャンルは前述のリンク先記事の通り、
FacebookやTwitterというより「簡単に」更新ができるツールにより駆逐されていったわけです。

そして個人のみならず企業もTwitterやFacebookを
マーケティングに活用していこうというムーブメントが2009年あたりから起こりました。

当初の有名企業・大企業を中心にした模索の時期を経て、
現在では、
比較的中小零細な企業に至るまでFacebookページは活用されています。

この企業Facebookは別にお金も掛からないし、
やる分には労力コスト以外はないのですが、
いくつか気をつけないといけないポイントがあるのです。

が、もはやそのあたりの知識がゼロなノンIT層にまで普及していっているので、
お節介ながらもご説明しておきます。

1)エッジランクの存在

Facebookには
仲のいい人の情報だけを選別して表示させてあげた方が親切だよね
という思想・哲学があります。
それを具現化するものは「エッジランク」と呼ばれれるアルゴリズムです。

ごく簡単に言うと、

日頃いいねを付けたりコメントをしたりしている人や企業ページの情報は
自分のニュースフィードによく流れてくる。

◎逆に疎遠になってくるとあまり流れてこなくなっちゃう。

そんな仕組みです。

つまりFacebookページにファンが200人いたりしても、
実際に表示されるのが50人とか。その50人に関しても別に見ていなかったりするわけで。

2)疎遠を復縁するのが難しい

個人のFacebookアカウントだと、
疎遠になってしまった人でもあらためてプロフィールを読みにいったり「いいね」を付けたり、
コメントを投稿したりと無理矢理にでも交流を仕掛ける(?)ことにより復縁できます。
やろうと思えば。

企業のFacebookページだと個人の投稿に「いいね」したりできないのでこちらから復縁を迫れない。

3)検索エンジンにきわめてヒットしづらい

Facebookページの個別記事は一応検索対象であるようなのですが、
自分の経験上、Facebookページ自体ではなくその中の個別記事を検索できたことはない。
投稿してもその時に読まれなければ、時の経過に埋もれて消えていってしまう。
(ストック型ではなく、いわゆるフロー型メディア)

4)企業サイト・通販サイトどちらも最大の流入経路は検索

◎検索
◎リンク
◎その他(お気に入りなど)

大きく分けると、
サイトへの流入パターンは上記の3つしかありません。

多分95%のサイトは検索からのアクセス数がもっとも大きくかつ重要。

5)じゃあどうしたらええねん?

実は数ヶ月前にブログ記事に書いておりまして・・・・

企業Facebookは多分こんな感じでやった方がいいんじゃないかと思う件 | 模索するブログ
http://satoshiyuki.biz/archives/1454

====================

と、いいながらもFacebookページの更新だけだったら、
iPhoneだけでできちゃう楽ちんさがあるので、
多くの人はいまさらブログとかやんないだろうな、とは思っています。

個人的には2013年はブログ復権の年ではないかと思っています
コンテンツのコンテナ(入れもの)としてはブログが現時点では最高。

FacebookやTwitterはデリバリー手段、やり取りのツールとして使用した方がいいはず。

ブログ最高、ブログ万歳\(^o^)/

====================

もし「ただなんとなくレベル」でFacebookページの運用をしている人がいたら、
ご参考になれば幸いです。

★ ★ ★

【私の個人ブログの話】

2008年10月の創業から2009年6月まで、
GoogleのブログサービスであるBlogger(ブロガー)を利用。

2009年7月から2012年8月までは、
はてなダイアリー。

現在は、
「独自ドメイン+レンタルサーバ+ワードプレス」という組み合わせ。

模索するブログ by 結城聡
http://satoshiyuki.biz/

Bloggerやはてなダイアリーは過去の記事をエクスポートする機能が付いているので、
ワードプレスに統合しました。

久しぶりに過去のブログ記事を読むと、
その内容の驚異的なつまらなさったらありゃしない(笑)

今でもまあそれなりですけど、
5年近くやればなんでも進歩するんだなと実感。

そんなくだらない初期ブログですが、
いくつかちょっとだけ面白いと思ったのでご紹介。

1)情報発信 | 模索するブログ
http://satoshiyuki.biz/archives/1992
2008/10/25

====================

企業にとってなぜ情報発信が必用かという話は、
そんな難しい話ではありません。
普通の個人の人間関係とまったく同じだと思います。
自己を開示していくことにより、相手に自分良さが伝わり、
友人関係や恋愛関係に発展していくもの。

企業が情報発信を一生懸命やっていくことにより、
お客さんが『単にお金と商品・サービスを交換する人』から、
その企業の”ファン”へと変化して行きます。

薄っぺらい関係ではなく、深い信頼で結ばれた関係へ。
企業は一生懸命情報発信しなければならない、と思う所以はこんなところです。

====================

オレずっと同じ話しとんな、と(笑)

2)ラゼック手術(LASEK、ラセック)体験談 | 模索するブログ
http://satoshiyuki.biz/archives/1917
2009/01/26

====================

術前、見えるものは赤と緑のランプのみ。
「緑色のランプをぼんやり見てください。」と言われました。

1、眼に液体のようなものをかけられる。
今にして思えばこれはアルコールだと思います。
瞬間ランプが滲んで見えました。

2、手と針金のようなものがやってきてちょこちょこいじられる。
その瞬間視界が真っ暗になりました。

3、レーザー照射!の掛声とともに圧倒的な光が襲って来ました。
ここがスーパーSFチックでした。
今までまったく経験したことのない景色。
万華鏡をデジタルにしてうんと派手にした感じ。

4、もう一度針金みたいなものでグチャグチャと触られました。
眼球の上でスクランブルエッグをつくっているかの様子。

5、手がやってきて眼球を押さえつけらえれました。
これは保護用のソフトコンタクトレンズを装着したのだと思います

以上。時間は2~3分。
反対の眼も同様の作業をして終了。

うっすら目を開けた時にクリアな景色が広がっていたので一安心。

====================

ラゼックとは、
格闘技とか激しいスポーツをやる人向けのレーシック手術のようなもの。

この「眼球の上でスクランブルエッグ」というのは我ながら素晴らしい描写で、
かつてこの記事を読むとレーシックとかする気が起きなくなると言われたもんです(笑)

術後4年以上経過しましたが引き続き絶好調です。

3)マイクロソフトとアップル | 模索するブログ
http://satoshiyuki.biz/archives/1923
2009/01/17

====================

情緒的にはアップルも好きなのですが、
実務的にはマイクロソフト最高!と思っています。

マイクロソフトはずばり過小評価され過ぎです。

皆さん適正な評価を!

====================

おおっ!!!まさかこんな記事を書いていたとは!!!

今はむしろMS嫌い(というかどうでもいい)で、
Apple信者の皮を被ったGoogle信者(Chrome信者)と呼ばれていますが、
たった4年で環境や人の気持は変わってしまうもんですね(笑)

ということで、
ブログを書いておくとビジネス的に情報発信のリーチ力が増すということだけでなく、
いとも簡単に過去を振り返ることができナイスっすよ!!

「集客するためのブログ」と「思いの丈を吐き出すブログ」とでは、
もちろんやることは違いますが、
どちらにせよこんな今だからこそ、
ブログはオススメです。

あと、アメブロとかはやめて独自ドメインに引越しした方がいいと思います。
なぜかというとまあいろいろあるんすけど、
気になる人は個別に聞いてくださいまし!

◆おまけの話

1)やる気が出ない時に読む本 -キミを熱くする30のコトバ!

友人のKindle本出版のお手伝いをしました。
新年度だし99円だし買っときましょう。

やる気が出ない時に読む本 -キミを熱くする30のコトバ!(鈴木進介)
http://amzn.to/Ztb8kU

で、これに関して鈴木氏がセミナーをやるそうで、
自分も二部に登壇してちょこっとKindleについて話します。

ちなみに鈴木氏ってのは、
このニュースレターにもちょいちょい出てくる
古くからの友人です。

株式会社コンパス「新規事業コンサルティング専門会社」
http://www.compas.co.jp/

====================

2013年4月15日
19:00~21:00

東京都港区北青山2-7-26 フジビル28・クロスコープ 9F セミナールーム

アマゾンの電子書籍『やる気が出ない時に読む本』の
リリースを記念して講演会を行います!
※シェア大歓迎!

★15日(月)外苑前 19時~21時 ¥3000
先着30名様限定

【概要】

記念講演会では、書籍に織り込めなかった内容や
秘話を交え、聞くだけで「やる気がアップ」する場を
提供します。

またやる気がダウンした時に、どうやってアップ
させるかの秘訣も余すところなく語ります。

何気に自己啓発系のテーマは初の開催!
いつもは経営の話しばかりでしかたらね。(^^♪

講演は、鈴木の講演他二部構成でお勉強の
内容も入れています!今すぐお申込を!

【項目】

<一部>80分 講師:鈴木 進介

1.やる気がダウンしたらどうすればいいか?
2.いつも気合が入っている人の心の持ち方
3.鈴木が選ぶ「やる気アップの奥義ベスト5」
4.もうダメだと思ったときに覚えておくコト
5.もう他人の目線から一喜一憂しないために
6.春の新刊情報のご案内

<二部>20分 講師:結城 聡

1.アマゾンで電子出版するということ
2.今回の書籍の出版過程を公開!
3.電子出版によるPR事例など

※今回の出版をサポートしてもらった結城氏より
アマゾン電子出版のミニレクチャーもあります!
https://www.facebook.com/botyuki

====================

2)BOT小商い(こあきない)シリーズ

Kindle本の代理出版とかネット通販とかメルマガとか、
普通の人にとっては面倒なことでも弊社だとさすがに慣れっこになっているので、
プロフィットシェアでこのあたりの業務をお手伝いしますよ、という、
小商いサービスもやっています。

よろしければどうぞ。

BOT小商いシリーズ | ブレイクオンスルー
http://breakonthrough.biz/koakinai

3)【ショック】女性のオンオフがよく分かる画像

よし、じゃあ最後にエイプリルフールネタでもいっとくか!( ー`дー´)キリッ

と思ったけどいいのか思いつかなかったので(ウソを付くにも頭の良さが必要やね!)、
今たまたま目についた記事をシェアしておきます。

まあどうでもいいネタなんすけど(笑)

====================

人と触れ合う生活をしていれば、必ずや「オンオフ」があるはずだ。

人様に見られても恥ずかしくのない身なりをするのが「オン」であり、
リラックスできる部屋着やパジャマで部屋にいる時は「オフ」である。

人と会わないひきこもりは、常にオフの状態だ。

それはさておき、
女性のオンオフがよく分かる大変ショッキングな画像が海外サイトに掲載されていたのでご紹介しておきたい。

====================

【ショック】女性のオンオフがよく分かる画像 | ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2013/03/31/309986/

妻帯者は普通に知ってる話だけどねー!

以上、多くの会社では今日から新年度かと思いますが、
ハリキッテいきましょう!!

ブレイクオンスルーの結城でした。

お読みいただきましてありがとうございますm(__)m

バックナンバー
http://satoshiyuki.biz/backnumber

フォロー・友達申請はお気軽に!
https://twitter.com/botyuki
https://www.facebook.com/botyuki

IT活用、ウェブ集客でお困りのお客様がいらっしゃいましたら、
ぜひともご紹介くださいませm(__)m
—————————————————-
株式会社ブレイクオンスルー
結城 聡
東京都調布市国領町5-22-46(182-0022)
T:050-3632-2974
http://breakonthrough.biz
080-3364-4905
satoshiyuki(Skype)

模索するブログ
http://satoshiyuki.biz/

月額3万円のIT革命
http://breakonthrough.biz/service
—————————————————-