模索するブログ

Just Exploring

13年ぶりに柔道をしてみたんだけど・・・・・。

| Comments

結城ブレイクオンスルーです。

結論的には・・・・・、

思ったよりもやれた!ですばい( ー`дー´)キリッ

最初の乱取り(スパーリングではなく乱取り、いいねーw)での、
これまた最初の2分間は、
電通大柔道部4年生君のかける技すべてをくらいました(泣)

足払い、内股。てか組手で振り回されるだけで吹っ飛ばされました。

内心、
「そこそこできるだろう」
と思っていたのでローバイしましたです。はい。

で、ボロ雑巾扱いされていたのですが、
軽い気持ちでかけた体落としがそれなりに見事に決まり、
それを機に調子が出てきました。

もっともその13年の間、
細々ではありますがブラジリアン柔術はやってはいましたけど。


★ ★ ★

【結城格闘技年表】

◎小学2-6年生
地元の町道場で柔道開始

◎中3
中1-2はサッカー部だったけど、
いろいろありまして、
中3から柔道部へ

高1の3ヶ月
サッカー部。キーパーをやろうとしましたがすぐに離脱。

◎高1-3
地元の町道場に復帰

◎大1の3ヶ月
関西では当時、
天理、近大に続いてベスト4に入る強豪の、
京都産業大学柔道部に入部。
想像とは裏腹にシゴキ等々理不尽なことは一切ない合理的な活動ではありました。
しかしながら、
自分自身が今までそこまでの柔道漬け生活を送ったことがなかったこともあり、
精神的に嫌になり離脱。
(これは未だに尾をひく挫折体験)
簡単にいうと楽しいキャンパスライフを過ごしたかった的な・・・・(笑)

1学年につき1-2名の例外的存在を除き、
基本的に全員セレクション入部です。

ここを歯を食いしばってやりきったら、
サイボークのような選手になれたと思うんだけど。

ちなみに時は1993年。

そうなんです。
このわずか半年後に、
ホイス・グレイシーが彗星のごとく現れ、
第1回UFCで無傷の優勝を遂げました。

しかし自分は、
柔道から逃げてしまったので、
格闘技から人3倍遠ざかっており、
このグレイシー柔術も耳にはするけど、
まったく興味が持てませんでした。

そして時は流れ・・・・

◎25歳(2000年)
GWにたまたま付けていたテレビで、
第1回プライドグランプリの桜庭VSホイス戦を観る(多分録画再放送)。
勝った桜庭以上に”柔道”着を身につけたホイス・グレイシー、
グレイシー柔術というものに強いシンパシーを抱きました。

で、とりあえずよくわからなかったので、
ネットで検索した、
新宿柔道会さんに通い始めました。

この時で完全に7年程のブランクがありましたが、
まだ25歳で若かったこともあり、
全然やれました。

そして、その2ヶ月後、
今度はコロシアム2000という格闘技イベントにて、
船木VSヒクソン戦をテレビ観戦。

ヒクソンが船木選手を絞め落とした時に、
電撃が体を通りました。

「グレイシー柔術をやるしかない!( ー`дー´)キリッ」

ということで、

2000年8月から、
中井祐樹さんのパレストラ池袋に入門。

2002年3-6月には
サンフランシスコのハウスグレイシーアカデミーに通う。
ところがどっこい、
当時ハウフはその後のプライド武士道参戦前でセミリタイア状態。
多分10回も見ていないような・・・・。

結婚したり引越ししたりした関係もあり、
2004年-調布の大賀道場ねわざワールド)にお世話になる。

◎2004-05年
調布市にある電気通信大学にてひっそりとおこなわれていた、
柔道+極真カラテのようなルールの実践柔道会なるものに参加。
ローキックの痛さを知る(泣)

◎2011年2月
仕事と怠惰のコンビネーションでほとんど通えなくなっていたので、
大賀道場を休会。

◎2012年8月
大阪の町道場の子どもたちの、
全国練成大会の応援で武道館に行き、
平成の三四郎こと古賀稔彦さんを目撃し、
柔道に対する熱い気持ちが蘇る。

大賀道場にスポット的に復帰。
楽しいことは楽しいけど、
やっぱり自分は柔道の方が好きなんだなと薄らぼんやり気づく。

◎2013年2月
「調布で柔道できるところないかな〜」とググってたらあった!

調布柔道連盟

って感じです。
やはり柔道は楽しいのでしばらくお世話になります。

自分はブラジリアン柔術をやっている時から、
スタンドの攻防が好きでした。
大賀道場でも、
たまに着ナシのスパーリングを立ちからやったりすると、
テンションがチョー上がりました。

じゃあなんで柔術をそんなに長くやってたんだよ、
って話ですが、
チョークや関節技による極めはやはり楽しいものがあるのですよ。

調布の柔道には紫帯で行ったこともあり、
皆さんも寝技に付き合ってくれるような雰囲気がありますので、
スタンドからグランドまでの一連の流れを練習していきたいと考えます。

★ ★ ★

【柔道復帰戦の感想】

◎良かった点
・大ケガをしなかったこと。両足ふくらはぎを攣った&全身筋肉痛がひどいけど・・・。
・体落とし、大外刈は効いた。
・スタミナ的には全くもって問題なし。多分引き付ける組手ではないからかな。

◎次回の課題
・いちばんの得意技だった足払いが全く効かなかった。他の技とのコンビネーションで再トライ。
・左右の背負いも不発。これは動きがスローモーだったからだ。
・早い段階で足を攣ったので内股ができなかった。喧嘩四つでは必須。
・昔からそうだけど組手が弱過ぎる。ここは工夫が必要。
・巴投げも不発。多分組手が十分でないから。
・最新ルールがよく分からない。足取り小内刈りとかは駄目なのかな?ちょっと調べよう。

★ ★ ★

13年振りの柔道復帰とFacebookに書いたら、
「30年ぶりに剣道をしたい」
という書き込みがあった。

剣道もお住まいの市区でありそうですね。

いや〜、でも武道なのか格闘技なのかスポーツなのかはわかりませんが、
「闘う」って楽しいな(笑)