模索するブログ

Just Exploring

新年:Amazonキンドルでのセルフ出版、今なら99円

| Comments


Amazonで「結城聡」で検索してして表示された時には嬉しかったなー


スモールビジネス仕事術

「新年:Amazonのキンドルでセルフ出版、今なら99円」
Vol.053

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様にとって2013年も素晴らしい1年となりますように!

平成25年1月5日
株式会社ブレイクオンスルー
代表取締役
結城 聡


====================

「素晴らしい」か「素晴らしくない」かは、
主観的な問題で、つまりは「気の持ちよう」ですかね。

2年程前のニュースレターに書いた言葉を再掲。

===引用↓===

こういう時代ですので、

生きてるだけで丸儲け=IMALU(さんまと大竹しのぶの子)の名の由来、
そして、

「人間生まれてきた時は裸。死ぬ時にパンツ一つはいてたら勝ちやないか」(明石家さんまの父)

という言葉を胸に抱き、

「パンツを履いているだけでなく、iPadもAndroidも持ってるからオレはメチャメチャ勝っちやないか~」

と思って頑張ります(笑)

===引用↑===
iPhoneにしようかAndroidにしようか迷っている人のためのニュースレター
http://satoshiyuki.biz/archives/1291

☆ ☆ ☆

さてさて、表題の件、

年末年始の休暇を利用して、
AmazonのKindle(キンドル)ストアにて、電子書籍のセルフ出版にトライしてみました!

「本で出すほどの長さではないけど」「ウェブで読むにはちょいとしんどい長さ」
という領域のミニコンテツ市場がこの先大きくなる、と思っています。

このニュースレターも、

「面白いけど長過ぎる!」

とよくお叱りにも似た励ましをよくいただきます。
実はこの程度の分量は、
書籍で読むとハ◯ク◯レベルなんですけどね。

※電子書籍とウェブのフォーマットの差ってなに?ってことになりますが、
とりあえず「スクロール」と「ページ送り」の違いということにしておきましょう。

☆ ☆ ☆

以下、詳しくない人向けのおさらいです。

Kindleの基本

1)Kindleストア http://goo.gl/MBozq
Amazonが運営する電子書籍の販売サイト
昨年の10月25日に日本でも開店。アメリカでは2007年(?)にスタート

====================

2)Kindle端末 
電子書籍リーダー。モノクロの読書専用機からiPadのようなカラーの汎用機まで。

====================

3)Kindleアプリ
Kindle端末を買わなくても、
iPhone/iPad、Android端末に「Kindleアプリ」をインストールすることにより
Kindleストアで購入した本を読むことができます。

※これポイント。意外に知らない人がいます!すぐメモ!

文字サイズや行間、背景色や液晶の明るさを調整でき、
単なるウェブ上での閲覧よりもはるかに気持ちよく読書できます。
個人的にはモノクロのKindleより、iPad miniやNexus7の方をオススメ。

====================

4)電子書籍はクラウドで管理
購入した電子書籍はAmazonのサーバ内で購入履歴が管理されます。
いつでも、どの端末からも再ダウンロードが可能です。

※一部日本の電子書籍サイトの一部の書籍は「ダウンロード期限」があったりします。アホか!
http://help.honto.jp/faq_detail.html?id=10222&category=55&page=1

====================

5)電子書籍の出版も簡単
「Kindleダイレクト・パブリッシング(以下KDP)」というサービスがあり、
誰でも簡単に電子書籍の出版ができます。

※「自費出版」と言いたいところですが費用はかかりません。
「自己出版=セルフパブリッシング」ですね。

自己出版だと「自己破産」に空目してしまうけど・・・・。

☆ ☆ ☆

と、いう感じです。

皆さんも気になる著者取り分(印税)は、

・35%(通常)
・70%(Kindleセレクト適用時:Kindleでの独占販売他いくつかの条件を飲めば)

一般書籍の印税が8-15%(超売れっ子の場合?)なので数字上はかなり良い。

よし、これでオレもお金持ちになるぞ!オー

トコロがどっこいドッコイダー。

・本の価格相場が一般書籍よりも低い
・書店での露出がないのでまず売れない

「すでに有名な人」
もしくは、
「類まれなる文才がある人」
でないと現実的に生活していく程の金額を稼ぐのは難しい。

でもただ本を出してみたい人(本を出せずにいる人)とか、
BtoBビジネスにおけるフロントエンド商品、のような使い方にはとても合っています。

先行する米国ではこのセルフパブリッシングで、
メチャメチャ儲かっている人が何人も生まれているようです。
全ての面において才能(文章だけでなく宣伝なども)があればそれも可能かと。

必要な作業

1)文章を書く
一般的な新書の文字数:
1P600文字×(200-250P)=120,000-150,000文字
紙の本では「書籍かくあるべし」というルール?があります。
KDPではルール無用なデスマッチ。
バーリトゥード(なんでもあり)です。

個人的には音楽市場での、アルバムに対するシングル盤のような「ミニコンテンツ」の市場が活性化を目論む。
「120,000文字」分も伝えたいことはないけど、
「12,000文字」分くらいだったらあるぞ的な。

で、100万部とかは絶対に売れないけど、
ニッチな層1,000名が購入し、
かつたいそう喜んでくれた。
良かった良かった・・・みたいな。

私の処女作(エヘンエヘン)は約20,000文字です。
従来の本の約6分の1のボリュームです

====================

2)Kindleダイレクトパブリッシングへアカウント登録
AmazonのID+お金の振込み口座情報の登録など。
10分掛かりません。

====================

3)書籍データのアップロード
KDP側へ書籍データをアップロードすると後は勝手にやってくれます。
とりあえず思いつきですぐできるやり方は、
「MicrosoftのWordファイルをそのまま」上げてしまうことです(拡張子docx)。
Googleが提供しているオンライン上のオフィスソフトである
Googleドライブ(旧Googleドキュメント)で作成して、
htmlファイルとして書き出したものでもOK。

縦書にしたりレイアウトとかもそれなりにしたければ、
EPUB(イーパブ)作成ツールを使用するなど。

====================

4)タイトルや表紙画像の入力やアップロード
タイトルや著者名、販売エリア、売価などを入力します。
普通の人にはちょっと面倒なのが表紙データの作成です。
私は手作り感満載の表紙となりましたが、
時間(とお金)に余裕があればちゃんとした表紙にした方が良さそう。

====================

5)プレビューチェック
KDP側にアップロードした段階でAmazonの電子書籍形式であるmobiファイルを吐き出してくれます。
それをスマートフォンのKindleアプリで開いてプレビューチェックができます。
iOSのKindleアプリでは外部mobiファイルを自動的に開いてくれます。
ところがAndroidではPCに接続して「Kindleフォルダ」に入れてやらないとダメっぽい。

私はGoogleドキュメントとWord入稿の二本立てで挑みました。
しかし、
Androidを立てればiOSが立たず、iOSを立てれば・・・・、
という感じでかなり苦戦。

最終的には、
「お金をいただくのに最低限の見え方」をクリアしたところで妥協しちゃいました。

次回作で改善させたいポイントです。

====================

5)問題がなければ『出版する』ボタンをポチ
かなりあっけなく終了。
日本語書籍では24-48時間で審査がおこなわれます。
今回はポチした後、13時間でOKが出た。
(これ本当に人間が見てるのかな??)

しかし、
OKメールを受信してすぐはまだ購入ができない状態です。
さらに待つこと数時間。無事に販売が開始されました。

掛かった時間

ブログやこのニュースレターでの経験を元にすると、
自分は1時間に1,500文字程度は書けます。

1,500文字×10時間=15,000文字

書くのに1日+推敲やアップロードに1日=2日間ですべて終わらせました、

と言いたいところですが、
年末年始は家庭のイベントも盛りだくさんで、まとまった時間が捻出できず、

・12/30-1/2で執筆
・1/3に推敲他

計5日間かかりました。

なんだかストイックな年末年始でしたよ(笑)

すでに原稿があれば、
30分から1時間ほどで出版申請まではこぎつけられます。

☆ ☆ ☆

ということで、
年末年始の突貫工事で執筆・出版した書籍はこちらです。

「スモールビジネス仕事術」
http://goo.gl/GJG9t

お値段はなんと・・・、

今なら99円!!

===引用↓===

◎本書の狙い=ITツールの活用によるコスト削減とスピードアップ

本書では「ただの零細企業を強いスモールビジネス化するための手段」のひとつとして、
ITツールを十二分に活用した「IT仕事術」の基本を紹介しています。

「どんなビジネスモデルで」
「社会のどんな問題を解決するか」
がもっとも重要であるかは言わずもがななこととして、

そのオペレーションの効率化に役立つ仕事術をご紹介します。

「ただの零細企業で働く人々」のお役には立てると自負しています。

===引用↑===

☆ ☆ ☆

仲間が書いてくれたレビューもコピペっときます。

===引用↓===

「会社はスモールでもビッグに仕事ができる!」

HACKS!系の仕事術の単なるテクニック本か、
はたまたウンチク系の自己啓発本かと思いきや・・・
全て自分の体験に基づくとっても明確で分かりやすい内容。
しかも著者の個性がモロ出しの少し”ゆるキャラ”文体でもある。

今さら聞けないという内容や、知っているつもりで
知らなかった内容を広範囲に網羅しているので、
文章量と要点の明確さ、カバー範囲が適切な良書です。

IT知識はないけど、ITで業務の効率化がバリバリの
人間を密かに羨ましく見ている人には嬉しい内容。
密かにこれ、私のことを指しています。。。^_^;

===引用↑===
http://goo.gl/Uz8Qy

☆ ☆ ☆

>著者の個性がモロ出しの少し”ゆるキャラ”文体

実際に書きだしたのは12/30からですけど、
その10日ほど前から、
「わかりやすい文章術」や「文体」についての研究を開始しました。

が、結論的にはいわゆる正しい文章で書くことの追求はやめて、
いつも通りのブログ&メルマガ文体で押し切ることにしました。

おそらくこのあたりは、
通常、編集者が正す部分なのでしょうけど、
電子書籍には「ちゃんとした紙の書籍」にはない自由な文体が似合うかなと。

世の面白いブログ記事を読んでいても、
「ですます調」と「だである調」が混在していたりもしますし。

Σ(゜д゜lll)ガーン
とか
_| ̄|○

なども「書籍」だからといって控える必要はないのだ!( ー`дー´)キリッ
なんてね。

☆ ☆ ☆

Kindleストアの「電子書籍での読書体験」が”まだ”な人は、
結城本をきっかけに
ぜひトライしてください!

「スモールビジネス仕事術」(結城聡 著)
http://goo.gl/GJG9t
今なら99円

☆ ☆ ☆

前職の同僚がかなり素晴らしい電子書籍を出しています。
合わせてご紹介。

Kindleストアでの販売ではなく、
「パブー」での無償配布です。

カフェ開業論 – 西脇建治 | ブクログのパブー
http://p.booklog.jp/book/49344

東横線の学芸大学駅の近くで、
「エンポリオ カフェ&ダイニング」
という店を経営しています。

http://emporio.tv/

後半はカフェ開業希望者向けの実践的な内容。
前半は経営論として読めてとても勉強になります。まじで。

フルッタに入る前の話なんて聞いたことがなかった
(か、右から来たものを左へ受け流したか・・・(笑))ので、
知らない話がたくさん出てきます。

この人(西脇さん)はブログもオモロイです。
最近はあまり書いてないみたいだけど。
http://www.notforsales.net/blog/index.php

おまけの話

1)Kindleストアデビューするならばこの3冊

結城本でデビューしたくない人向け、この3冊をまず読め!

①ダメな文章を達人の文章にする31の方法 なぜあなたの文章は、わかりにくいのか?
http://goo.gl/iUbMl

ちゃんとした文章術の追求はやめました。
しかしこの本は繰り返し読んで、常に意識するようにしています。
文章に自身のないビジネスパーソンは必読!

いつもメールの内容がたいへんに分かりにくい◯◯さんや◯◯さん(←さすがに書けねぇ(笑))
などにもぜひ読ませたい一冊。

☆ ☆ ☆

②素人の顧客の意見は聞くな 永江一石のITマーケティング日記
http://goo.gl/azyEL

結城と同じような仕事をしている人で、
かつブログの文章のトーンが自分とそっくりで勝手に親近感を持っています。
この書籍(ブログ抜粋)はおろか遡って全ての記事を読破中です。
私も2013年はこの長江さんレベルのオピニオン度とエンタメ度を追求します。
当ニュースレターを読んで面白いと思う感性の方であればぜひ!

☆ ☆ ☆

③ゲームばっかりしてなさい。-12歳の息子を育ててくれたゲームたち
http://goo.gl/jvtEj

自宅勤務になり、子どもと触れ合う時間が増えたのでなんとなく購入。
私自身はほとんどゲームはしません。
ゲーマーではないだけにまったく感情移入はできんだろと、
事前期待値がかなり低かったことは認めます。

しかし!バンっ(机を叩く音)

ゲームを通じての、
父と子の温もりのあるやり取りと心の交流に「ホロリ」とさせられる素晴らしい本です。

親しい友人に男の子が生まれた時に、
プレゼントとして送っている本があります。

「岳物語」(椎名誠)
http://goo.gl/lq4au

わが子の成長を温かく見守りつつも、
いつの日か訪れるであろう「息子に追い越される日」の到来を、
嬉しくも、また寂しくもあるフクザツな心境でローバイしつつ迎える
父親の気持ちを表現した名作中の名作です。

この「岳物語」(シーナさんの息子さんが岳(がく))とともに、
人に勝手にプレゼントしたくなるような一冊です。

2013年の最初のベスト・バイです。

☆ ☆ ☆

具体的に、
Kindleストアで書籍ってどう買うの?
については案ずるより産むが易しです。

===引用↓===

この道をいけばどうなるものか

危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし

踏み出せばその一歩が道となり その一足が道となる

迷わず行けよ 行けばわかるさ

===引用↑===

迷わず買えよ
買えばわかるさ

イチ、ニィ、サーン、

きんどる~~~~~~~。

====================

2)3年ぶりの帰省

実はワイ、大阪人やねんけど、
えらい長いこと実家に帰ってへんかってんやん。

ってことで、
クリスマスシーズンに家族を連れて帰省しました。

今回の帰阪目的は2つ

①小6の息子に声変わりが訪れつつある。
オッサン声になってしまう前に爺婆に孫を見せておこう、っていう目的。

②離れて住んでいると向こうの状態や状況がよくわからない。
強制的にFacebookをやってもらうことにしました。
Facebookでの投稿がなくなったりしたらアレだなとわかる仕組みです。

毎日の投稿を読んでいるとお互いの状況がなんとなくわかるかな、と。
ずはり、ボケ防止という意味合いもあります。

ご両親と離れて生活をする皆さんにもオススメします。
(公開度合いやセキュリティは設定可能)

ついでに実家のネット環境を無線LAN化もしてきました。
これでiPadとかの導入もスムーズです。

====================

3)パズル&ドラコンズが超オモシロイ!!!!

時折登場する「今さら感満載」のネタです。

スマートフォンゲームの、
「パズル&ドラゴンズ」にかなりハマっています。ヤバいです。

前述の書籍の影響もあり、
「ちょっくらやってみっか」とはじめたのが運のツキ。

昨日は明け方の4:00までひたすらレベル上げに取り組んでしまいました・・・・・。
このままでは廃人になってしまうのではというのが目下の悩みです(嘘です)。

でも、マジでオモロイっす。

SNS(ソーシャルネットワーク)上で展開される、
人間関係をベースにしたいわゆる「ソーシャルゲーム」ではなく、

「よくできたゲーム」+「ぷちソーシャル機能」という感じ。

「パズル&ドラゴンズ」

・Android版
http://goo.gl/tYlM0

・iPhone/iPad版
http://goo.gl/AQ1ec

☆ ☆ ☆

このパズドラをやってオジサン少し反省。

GREEやDeNAが「コンプリートガチャ」問題で叩かれていた時、
実は私はガチャなるものをやったことがありませんでした。
わかるようなわからないような理解度で報道に触れていました。

またソーシャルゲームが「出会い系チックな存在」になっているということも
知識としては知っていました。
これもやはりやったことはありませんでした。
(これはやらない方がいいけど)

このパズドラの「ガチャ」をやり(モンスターが貰える)、
そして同じくこのゲームにハマっている息子に「フレンド申請」をしてゲーム上で繋がったりと、
今回はじめてソーシャルゲームの肝っぽい部分の経験をしました。

オッサン化が進むと、
だんだん理解できないことが増えてきます。
可能な限りこのあたりにもイッチョカミしておかなきゃな、と思った次第です・・・。

別にみんなが全てのことを試さなくてもいいです。

でも、
人の性(さが)として、

◎知らないもの=薄気味悪い⇒叩く

という構図があるような気がします。

お互いが、お互いを知る。

「知ること」により世の中の問題の多くは
(全てというほどナイーブではありませんが)、
解消されるんではないでしょうか??

LOVE&PEACE

まずは「知ること」からはじめよう。

☆ ☆ ☆

なんつって、
ムリヤリ話を大きくしたところで、
年末からずっと文章を書き続けてきたので疲れてきました。

そろそろ筆を置き、
「パズル&ドラゴンズ」の続きをやります(笑)

ということで、
2013年もよろしくお願い申し上げますm(__)m

「スモールビジネス仕事術」(結城聡 著)
http://goo.gl/GJG9t
今なら99円


スモールビジネス仕事術

PR