模索するブログ

Just Exploring

iPhoneにしようかAndroidにしようか迷っている人のためのニュースレター

| 件のコメント

「iPhoneにしようかAndroidにしようか迷っている人のためのニュースレター」
(bot_vol.25)

今回のニュースレターは、

iPhoneを買おうか、はたまたAndroidにしようかどうかと、

迷っていない人にとってはどうでもいい話です(笑)

Android買っちゃった

先日皆さんには携帯番号変更(080-3364-4905のお知らせとともにご案内させていただきまし
た、

ソフトバンクのアンドロイド携帯、HTC Desire(デザイア)、

そのお知らせではアンドロイド端末に対してずいぶん辛辣なコメントをしてしまいましたが、

不肖結城聡、

反省です、

猛省しますm(__)m

このHTC Desireはたいへん素晴らしい!

最高!グレイト!!

なのです。

☆ ☆ ☆

「Androidに変更しましたメール」に対して頂いた返信で皆さんが想像していた以上に、

・アンドロイドに期待していて、

・アンドロイドの情報を求めている、

ということがわかりましたので、以下簡単にレポートさせていただきたいと思います。

前提

1)結城のモバイルデバイス歴

1996年:就職活動のためにPHS購入、その後数台PHS(エッジとか買いました(笑))
1999年:今はなきツーカーで携帯デビュー
2001年:ドコモN503購入、その後数台代2世代を購入
2004年:フォーマ900i購入
2004年:パケ放題に加入、その後フォーマ数台所有
2004年:フルブラウジングアプリ「jig.jp」に加入
2006年:Willcomのスマートフォン、W-ZERO3購入(その後それの進化版を2台購入)
そして、
2009年:iPhone3GS購入
2010年:HTC Desire購入

という感じで、振り返ってみると、
データ定額、フルブラウジングに対する熱望と、
ウィルコム(PHS技術)に対する期待を感じさせるモバイル歴です。

ウィルコムのW-ZERO3シリーズ(OSはWindows mobile)を4年ほど使っていたので、
2009年にiPhoneをはじめて所有した時には、

あまりにも素晴らしく感じでひっくり返りました!

そのくらいはiPhoneは今までの携帯・スマートフォンとは違いました。

まさに革命的なデバイスです。

====================

2)アンドロイドについて

アンドロイドはgoogle社が提供するモバイル端末向けのOSであり、

そのバージョンによって大きく性能が異なります。

日本でなんとなくアンドロイドは駄目だなというイメージを決定付けたのが、

ドコモのエクスペリアだと思うのですが、

エクスペリアはバージョンが1.6です。

1.6ですとiPhoneで有名になったブラウザを日本の指で縮めたり伸ばしたりするピンチイン・ピンチアウ
トなどの
マルチタッチ操作がおこなえません。

スマートフォンのくせにマルチタッチができないというところが、

エクスペリアの現在の評価につながっているのでしょうか・・・。

ちゃんと使ったことがないのでわかりませんが。。。

☆ ☆ ☆

今回が私が「アンドロイドはすごい!」と思ったのは、

バージョン2.1を積んだ、

台湾のHTC社のDesire(デザイア)です。

ちなみにこれはgoogleがひと頃販売していた『Nexus One』とほとんど同じスペックです。
(これもHTC社が製造)

※10月8日(金)から2.2にバージョンアップされる予定です。

この端末でのアンドロイドの評価となりますので、

他のアンドロイド携帯を買って「使いづらいな~」とか、

「結城の言ってることとずいぶん違う」などのクレームは一切受け付けません(笑)

☆ ☆ ☆

アンドロイドはバージョンそれぞれにニックネームが付いていて、

・1.6/Donut(ドーナツ)

・2.0&2.1/Eclair(エクレア)

・2.2/Froyo(Frozen Yogurt)(フローズンヨーグルト)

となっています。

ちょっと面白いですねぇ。

このAndroid2.2(フロイヨ)はエクレアからも大幅な性能アップとなるらしく、

すでに今週の金曜日が待ち遠し過ぎて最近眠りが浅いです(笑)

・アプリケーション、ブラウザの速度の大幅な向上
・アプリのSDカードへのインストール
・Flash対応
・ブラウザとカメラやハードの傾き、コンパスなどの連携(ちょっとこれは具体的なイメージがわきませ
ん・・・)
・等々

詳しくはアンドロイドオフィシャルビデオにて

●Android 2.2 Official Video
http://goo.gl/Wpzc

iPhoneがAndroidに優っているところ

・直感的な操作
・Safari(ブラウザ)の表示のスムーズさ
・アプリの充実度
・カッコいい
・みんな持ってて安心(市場としては無くならないだろう)

あえてポイントを列記しようとするとこれと言ってあまりありません。

しかし上記のそのどれもが圧倒的に優れているというところが、

iPhoneの素晴らしいところだと思います。

圧倒的に使いやすくて圧倒的にスムーズにブラウジングができて圧倒的にカッコのです。

iPhoneは。

AndroidがiPhoneに優っているところ

・機能を振り分けた4つのボタン

ホームに戻る、ひとつ前に戻る、メニュー、検索の4つ。
これがあることによってiPhoneと比べるとチョッ速で操作ができます。
また下部に重要な機能が集中しているのでガラケーのように片手だけでかなりの操作ができる。

この4つボタンによる操作がiPhoneからの転向で最初の障害になるのですが、
なれるとiPhoneよりずいぶんベターです。

====================

・スピード

上記の4つボタンが可能にする速い操作性に加えて、

アプリケーションの実行速度もメチャっ速です。

2.2からはさらに早くなるということで、
創業期から速さにこだわってきたgoogleの面目躍如といったところでしょうか。

iPhoneは時間がかかるアプリの実行にアニメーションを入れることによって
体感速度を速めているのですが、

Androidは物理的に速い。

====================

・スムーズなマルチタスキング

iPhoneもiOS4以降はマルチタスクが可能になりましたが
Androidの方がはるかにスムーズなマルチタスク操作が可能です。
アプリの切り替えがとにかく速く、ストレスがありません。

====================

・共有機能のスムーズさ

いわゆるオブジェクト指向と言うのでしょうか、
写真でもウェブページでも、
今見ているものをメールやFacebook、Twitter、Dropbox、Evernote、ソーシャルブックマーク、SMSなど
あらゆる方法で
シェアすることができる。

====================

・柔軟な通知設定

メールやSMS、TwitterやFacebook、アプリのダウンロード・インストールなどの受信やアクションに対し
ての、
通知機能がとても充実しており、

自分的にはこの機能がモバイルコミュニケーションのリアルタイム性を担う重要な要素かと考えます。

これは実際に見てもらわないとわからないのですが、
通知領域は画面の上から下へとペロッとめくるような操作をするのですが、
この操作がたまらなく気持ちがいい。

緩衝材のプチプチをつぶすのと双璧です(笑)

====================

・iTunesみたいな面倒なソフトを介す必要がない

端末をUSBにパソコンにつなぐとリムーバルディスクとして認識するので、

音楽ファイルやその他PDFなどはドラッグ&ドロップで移動させられます。

自分はiTunesにはストレスを感じていたのでこれはうれしい

====================

・ウヒヒなアプリ群 Ψ(`∀´)Ψウヒヒ

「ポルノが欲しい人はAndroidフォンを買えばいい」byスティーブ・ジョブズ

という名言もありましたが、

アンドロイドマーケットを覗くと確かにそれ系はいろいろとありそうです(未見です。ホントですって
ば・・・(笑))

またMP3無料ダウンロードアプリみたいなものもかなりあります

☆ ☆ ☆

●アップル:インターネットのディズニーランド化。最高の体験ができるようなおもてなし。

●google:リアル社会と同様光も闇もあるのがインターネットだけど最終的に人間の善性が勝つよ、的な
考え

結城個人的意見としてエロや違法ダンロードは好ましくないとは思いますが、
ビデオデッキも、インターネットもなんだって新しいものはエロやこういう違法性から市場を作っていっ
たことは事実。

おそらくアンドロイドマーケットは今後、
ユーザーからの通報制度によりあまりにもいかがわしいものは排除という方向に進むのではないかと思い
ますが、
しばらくは猥雑なまま市場を拡大していくのでしょう。

またウィルスや情報を盗みとるようなアプリも相当数あるかも知れません。
このあたりは注意が必要です。

☆ ☆ ☆

ということで、

今現在iPhoneを買ってない人はモバイルコンピューティングによる未来に関心がない人か、

アップル独占ってのも何だかなぁ、というアンチで天邪鬼タイプの人が多いと推測。

後者の人にはアンドロイド携帯がオススメです。

ソフトバンクならば、結城が使うHTC Desire
http://mb.softbank.jp/mb/product/X/x06ht2/

ドコモならば、サムスンのGALAXY Sはスペック的にはDesireより良さそう
http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/smart_phone/sc02b/?ref=gp_top

auだったらIS03かな?個人的にはシャープにはウィルコムのW-ZERO3シリーズで多少不信感ありです
が・・・。
http://au-is.jp/products/is03/features.html

☆ ☆ ☆

で、結局何が言いたいかといいますと、

いつも通り何も言いたいことはなくただアンドロイドの自慢を・・・・・・・・(笑)、

というのは嘘で、

iPhoneでもAndroidでもどっちでもよいのですが、

スマートフォンが世界的に普及していくことは間違いなさそうです

今までの携帯電話より遥かにレベルの高いウェブブラウジングやマルチメディア機能と、

スマートフォンとの親和性が高い、

Twitter、Facebookなどのソーシャルネットワーキングサービスの広がりによって社会がどう変わってい
くのかを

よく考えてビジネスの展開を作っていくことが必要でしょう。

残念ながら私自身もどう変わっていくかについては明確な答えを持ちあわせておりません。

しかし個人をエンパワーメントするインターネットとそこへアクセスするためのツールが、

広く世界に普及していくということは、

先進国だと言われる日本にとっては、

どちらかというと個人が食べていくという一面においては、

厳しい方向に向かっていくのだと思います。

けれどもやっぱり、

なんだかとてもワクワクします。

☆ ☆ ☆

そんなこんなで、

皆さん、ガラケーを解約してぜひスマートフォンを(笑)

少なくとも個人の生活はより楽しいものになると思いますよっ♪

まとめ

●Android2.1以降はiPhoneといい勝負、なのでどっちを買ってもいい。同じようなことができる。

おまけの話

1)ストーンヘンジをストリートビューで

最近iPadのテレビCMをよく見ます。
そのなかでイギリスにある世界遺産『ストーヘンジ』をgoogleのストリートビューで見るシーンがあるの
ですが、
これはぜひiPhone/iPadユーザーはやった方がいいです。感動します。

自分はAndroidでもやったのですが、
Androidのストリートビューでは端末の向き(上下左右)を変えることによって表示を切り替えるとい
う、
ちょっとびっくりするくらいリアリティがある絵を映してくれます

iPhone/iPadではスワイプして画面を動かさないといけないのですが。

あっ、また知らない間に、

アンドロイドの自慢になっちった ( TДT)ゴメンヨー

====================

2)パッカーズパラダイス

バックパッカー・個人旅行者向けの情報共有サイトを作っています。

まだβ版にも満たない完成度なので披露できませんが、

日本市場で育てたりせずに一気にUIも他言語にして最初から世界で使ってもらえるサービスにしたいと
思っております。

このサービスのPRのために、

私自身がバックパック背負ってしばらく旅に出ます(願望)

====================

3)参拝ズVS六法ズ

神社への参拝をかかさない神頼み集団”ザ・参拝ズ”

国家資格の雄、遵法精神の塊”ザ・六法ズ”

とのフットサル対決がいよいよ10月7日(木)です。

18:00~20:00

>メンバーへ

現場集合でよろしくお願いいたします。

神宮外苑「フットサルクラブ信濃町コート」
http://www.meijijingugaien.jp/information/access-map.html

更衣室は、⑤外苑パーラーの辺りにあります。

☆ ☆ ☆

以上、

2008年10月、

リーマンショックの2週間後に独立した、

“2008年うっかり組”として、

どうにかこうにか2年を生き長らえることができました。

独立前に予定していた独立2年後の状況では、

今頃は、

自家用ジェットで世界を飛び回っている予定だったのですが(笑)

こういう時代ですので、

生きてるだけで丸儲け=IMALU(さんまと大竹しのぶの子)の名の由来、

そして、

「人間生まれてきた時は裸。死ぬ時にパンツ一つはいてたら勝ちやないか」(明石家さんまの父)

という言葉を胸に抱き、

「パンツを履いているだけでなく、iPadもAndroidも持ってるからオレはメチャメチャ勝っちやないか
~」

と思って頑張ります(笑)

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!