模索するブログ

Just Exploring

時代は変わる

| Comments

「時代は変わる」
(bot_vol.21)

時代は変るbyボブ・ディラン

「時代は変る」(The Times They Are a-Changin’)は、

ボブ・ディランが作詞・作曲・演奏・歌唱し、

1964年にリリースされたアルバム『時代は変る』のタイトル曲となった楽曲。

ケネディの大統領就任演説にヒントを得て作られたものとされ、

ライターや議員・親たちに向って古い価値観が通用しなくなっていることを説く、

典型的なメッセージソングである。

民衆の生活感情を主体とした従来のフォークに対し、

大学生を中心としたカレッジ・フォークの性格をよく示しており、

ディランにその世代のスポークスマンというイメージを与える上で大きな力があった作品である。

(Wikipedia)

道筋はもう
描かれていて
今 遅かろうと
いずれ 早く
そして今も
いずれは過去
それが世の常
瞬く間に過ぎ去るのさ
今は先頭でも
いずれは最後尾
時代は変わるものなんだから

歌詞&訳詞はコチラ

http://plaza.rakuten.co.jp/senri1ri/diary/200604280003/

企業のチカラ

ジークラウド株式会社さん主催の

『【無料講演】本気のGoogle Apps 完全マスターコース 説明会』に、

昨日参加してまいりました。

Gmail、Google Calender、Google Docsその他が統合された企業や教育機関などの団体向けのパッケー
ジ、

Google Apps(グーグルアップス)の概要説明と、

Google Appsをはじめとして、アマゾンのEC2やセールスフォースなどのクラウドコンピューティングを

使いこなすことがいかに重要であるかというお話。

あまり内容自体には関心がなく、

ただ渡部薫さん、グーグルの杉水流さんというツイッターでフォローしている人が

お話をされるということと、

事務所から歩いていける場所だったので、

軽い気持ちで申し込んだに過ぎなかったのですが、

人生観とまでいうと大げさですが、

今まで当たり前だと思っていた、

仕事観(ワークスタイル)、組織観(サービスを提供するためのスタッフィング)が、

大きく覆されました。

☆ ☆ ☆

今まで自分自身のことを、

それなりに現在進行形で起こっている事業環境の変化への理解とその対応ができているつもり」

という評価をしていたのですが、

ところがドッコイ、

ブロードバンドが普及する前から社会に出ていた者の宿命として、

かなりオールドスタイルな価値観が刷り込まれていたんだな~、

と反省。

話の内容としては、

1.これからの企業に必要な要素

・コミュニケーション(通信)
・パワー(コンピュータパワー)
・経験(ストレージ)

であり、

====================

2.中小零細新興企業であってもクラウドコンピューティングにより、
それらを容易に低コストで活用できる

・Google Apps
・Amazon Web Service
・Salesforce.com

など

====================

3.従来型企業のデメリット

オールド世代が幅を効かせており、
それがコストアップとスピード低下の要因となっている

オールド世代とは??

ちょっと長いのですが引用します。

残念ながら今の日本にこのようなビジョンを描けるようなウェブ企業は存在しない。

梅田望夫氏ではないが、今の日本のウェブは残念だ。

まっ たく幼稚で特にオールド世代(45歳?60歳)の経営層にいる人たちは絶望的なくらいウェブリテラ
シーが低い。

また大企業の組織は、もはや脳死状態であり、ウェブというフロンティアで生き残ることはできないだ
ろう。

さらにこの世代が最大のガンであるのは、それ以上の歳の人たちはウェブのイノベーションに は無関心
だが、

オールド世代は直接の脅威と捉え、若い世代のイノベーションをつぶす力を持っているからだ。

しかし日本にも希望があり、このアゴラの読者や 起業を目指している多くの若い力が存在するのも事実
であり、

70年代、80年代生まれの人たちがきっと立ち上がってくれるだろう。

楽天、サイバーエージェ ント、mixi、GREEを筆頭に彼らの周りにいるエンジニアや投資家は常にチャ
スを狙っている。

この世代がもう少し資金と経営決裁権を持てるようにな れば日本のウェブもだいぶ変わるだろう。

2010年ウェブはますますグローバルなコミュニケーションの場として広がるのだからオールド世代に出
番はない。

※追記

ここでいうオールド世代(45?60歳)は一般的な範囲で、

もちろんこの世代でもITとウェブセンスのいい人たちはたくさん存在する。

いわゆるITを駆使 した知的生産性が低い人たちを指し、

ウェブイノベーションを受け入れないばかりか、

それに恐怖する人たちである。

恐怖に対抗する唯一の手段が見て見ぬ振り をすることだからだ。

http://agora-web.jp/archives/863169.html

☆ ☆ ☆

今、オールド世代と渡部さんが呼んでいる人達も、

昔からずっと生産性が低かったわけではなく、

おそらく行動経済成長期などに適したワークスタイルを身につけていて、

それは当時最先端だったのかも知れない。

普遍的絶対的なスタイルはない、

それは時代とともに変わっていくのだと思います。

僕も気をつけなきゃ

((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル

====================

4.上記の理由により、

サービスのクオリティに加えて、

価格競争力と大企業には負けないスピード感を手に入れると新興企業であっても、

オールド大企業に十二分に勝てる

そんな内容でした。

☆ ☆ ☆

ジークラウドの、

渡部さんはソフトバンクグループ、その他でいくつかの企業・事業を立ち上げた、

起業家。

ソフトバンクの30年ビジョンづくりにも関与されたということ。

またジークラウド自体、渡部さんともう一人のメンバーで構成されていて、

それ以外のメンバーについてはネットワークの中からそのプロジェクトに適した人材を

アサインしている。

クラウドコンピューティングを体現して、

事務所を持たないスタイル。

そんな企業体であっても、

サイバーエージェントが出資をしている。

従来ならばまずあり得ないことだが、

世の中の価値観は変化している。

なにが正解であるかはよく分からない時代ですが、

「時代は変る」(The Times They Are a-Changin’)

ということは普遍の真実。

クラウドネイティブ

いちばんドキッとした話は、

もう10年すると、

2000年代生まれの若者が社会に出てくる。

彼らは、

デジタルネイティブであり、

ブロードバンドネイティブであり、

クラウドネイティブである。

ということ。

確かに彼らは、

まったく新しい発想で、

まったく新しい事業を展開していくに違いない。

グーグルがマイクソフトをオールド世代に追いやったように、

彼らがグーグルを時代遅れにするかもしれない。

IT業界だけの話ではなく、

あらゆる産業で変化は加速している。

仕事(実業務)を一生懸命するだけでなく、

勉強し続けることと、

頭を柔軟に保つことが大切ですね~。

皆さんもぜひ機会があれば、

お話を聞きにいってください!


http://school.rainbowapps.com/googleapps

おまけの話

1)小菅村グリーンツーリズム

もうちょいで締切りです。

http://bit.ly/dtj8VN

====================

2)柔術魂SPECIAL アブダビプロ柔術2010:特集号発売

友人の鈴木章太郎氏が、

まわりからは住民票を会社に移した方がいいのでは?

とまでは言われるほど引きこもってつくった渾身の力作。


http://amzn.to/d4CfU3

====================

3)ランチミーティング

・8月4日(水)乃木神社(乃木坂)
・8月12日(木)靖国神社(九段下)

詳細はコチラ

http://d.hatena.ne.jp/botyuki/20100802/p1
http://d.hatena.ne.jp/botyuki/20100802/p2

おまけのおまけの話

前回のランチミーティングで突如として、

「ランチミーティングフットサルチーム」の結成が決定いたしました。

継続的にやるのはしんどいので、

とりあえず一回やってみましょうというライトなノリです。

そんなライトなノリでもいいよって方、

ぜひ試合をしましょう!

9月にやりたいと思っております。

チームへの参加資格はランチミーティング参加経験者です。

すでにチームに入ってフットサルをやっておられる方、

ぜひ僕らランチミーティングフットサルチームと一戦交えましょう!!

皆さん、秋はフットサルですよ!

☆ ☆ ☆

以上、

週末に、

いろいろあって足が遠ざかっていた、

父方の実家がある山形に26年振りに墓参りにいってきました。

(ちなみに私は山形生まれです。)

思うところ多々アリでありましたが、

買ったばかりのポケットワイファイ(モバイル無線LANルーター)が、

山形のあらゆるところで、

圏外になっていたことも感慨深いできごとでした。

☆ ☆ ☆

祖母のお墓がある山寺(立石寺)は、

松尾芭蕉が、

閑さや

岩にしみ入る

蝉の声

を詠んだところ。

パソコンも

ワイファイないと

ただの箱

重たいばかりで

ちっとも役立たず~~♪

(´・ω・`)ショボーン

なんて歌を詠んでしまったブレイクオンスルーの結城でした。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

AD