模索するブログ

Just Exploring

ウォー!ウォ~!ニッポン代表ぉ!

| Comments

■ウォー!ウォ~!ニッポン代表ぉ!
(bot_vol.18)

今日はパラグアイ戦

サッカー日本代表!!

今晩はパラグアイ戦です!

正直、どんな選手がいるか?強いのかどうか?

よくわかりません。

チラベルトしか知りません(笑)

リーグ戦ではなく、

一発勝負なので番狂わせも大いに起こり得ます。

みんなで必死のパッチで

応援しましょう!!!

ガン( ゜д゜)ガレ

☆  ☆  ☆

近頃、

Twitterをはじめネット上で、

「市場最低のチーム」

「岡田更迭せよ」

というあまりにも悪すぎる前評判に対し、

快進撃を続ける岡田JAPANへ、

というか岡田監督に対して、

ちゃんとお詫びをしようという動きが出ています。

「岡ちゃん、ソーリー」プロジェクト

Twitterのコメント(つぶやき)にハッシュタグという記号として、

[#okachan_sorry]を付加して、

お詫びの気持ちを表すのです。

皆さんも、

ちょっと前までは岡ちゃんに対してボロカス言ってたんじゃないですか?(笑)

ぜひこの機会に、

岡ちゃんにソーリーしちゃいましょう!!

http://twitter.com/okachan_sorry

☆  ☆  ☆

そんな岡田監督が、

1997年、加茂監督更迭の後、

急遽日本代表の監督を引き受けた時から始まる地獄の苦しみと、

指導者として高みを目指す上での葛藤、

哲学などを語った講演内容がネットで紹介されています。

結構長いのですが、

仕事をちょっと休んでぜひご一読ください!

これは今晩の戦いの前に見た方が、

大いに感情移入ができると思いますよ!

●岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは
(2009年12月)

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0912/14/news010.html

仕事なんかほっぽり出して、

読みましょう!!

わからないことが増えました

あまりにも動きの早過ぎるインターネット業界。

その中でも、

『ゲーム市場』が、

トラ・トラ・トラ!!!

年男のオサーンにはどうも理解ができません。

今、

ネット業界のプレイヤーがゲーム市場に向かっていき、

ゲーム業界がネット市場へ参入を目指しています。

というかそのあたりの垣根はもうありません。

ボーダレスです。

日本の一般成人の感覚だと、

「どうせ高校生がケータイで遊んでいる程度のものでしょ!」

という捉え方だと思いますが、

1)若者だけが利用しているわけではなく、
2)日本だけでなく世界に広まっている。

自分はユーザーとしては、

今のところゲームは全くやりませんが、

このデジタルゲームは私の理想とする、

「地球の資源をあまり使わない」産業であるため、

ビジネスとしては注目しています。

☆  ☆  ☆

●Zynga、農場ゲーム用バーチャルグッズの売上$1Mをハイチの学校に寄付

http://jp.techcrunch.com/archives/20100108farmville-zynga-charity-virtual-goods/

大地震被害のあったハイチの学校へ、

日本円で1億円弱ですよ~!

とても価値のあるプロジェクトです。

最近のゲーム市場の特徴

1)ことインターネットゲーム(オンラインゲーム、ネトゲ)に関しては、

かつては、

ネットビジネスのマネタイズの方法が広告収入しか有り得なかったが、

ゲームのキャラクターの武器・装備に対してお金を取る、

アイテム課金という概念が生まれたこと。

====================

2)自己完結型ひとりゲームではなく、

オンラインで他者と協力したりコミュニケートすることが必須である、

ソーシャルゲームという潮流。

====================

昨日、商談した27歳の若者も、

学生時代にネットゲームにハマって引き籠り。

その後、

社会復帰した際にもゲームでの関係性やデータ自体が、

事業者サーバ上に格納されてしまっているため、

なかなか退会までの踏ん切りがつかなく、

毎月1,500円くらい支払い続けていたそうな・・・・・。

このニュースレターをお読みいただいている方は、

ファーストガンタム&アーリードラクエ世代以上が多いので、

よくこの感覚がわからないと思いますが、

その若者が言うには、

ドラクエの戦士、魔法使い、賢者、etc、それぞれの役割を、

それぞれ別の人間が演じるという感覚で、

冒険の途中でそのパーティから抜けることは心情的に難しいとか・・・。

ネット上での義理人情みたいなもんでしょうか?

意外にウェットな世界ですね(笑)

====================

ちなみにこの手のソーシャルゲームに興じる人々の年齢調査を、

アメリカ・イギリスで実施すると、

——————————

●21歳以下のプレイヤー…9%(UK)に対し4%(US)

●22歳以上29歳以下…22%(UK)に対し11%(US)

●50歳以上のプレイヤー…23%(UK)に対し46%(US)

●ソーシャルゲーマーの平均年齢…38歳(UK)に対し48歳(US)

●ソーシャルゲーマーの大半は女性…58%(UK)に対し54%(US)

http://www.kotaku.jp/2010/03/social_gamer.html
——————————

アメリカでは50歳以上が46%って、

ホントかよ!!

いやはやよくわからないことが増えましたね。

まっ、サッカー応援しましょう。

ソーシャルといえば

世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、

ユーザー数がもうすぐ5億人の

『フェイスブック』です。

そのフェイスブックの開発者向け会議、

『f8』で情報共有プラットフォーム「Open Graph」を発表されました。

オープングラフの前に、

『ソーシャルグラフ』という言葉の説明が必要です。

ちゃんと説明しようとすると難しいのですが、

ソーシャルグラフとは、

簡単にいうと、この場合、

『インターネット上での人間関係』のことです。

このネット上での人間関係をあらゆるウェブサイトに組み込んで行きましょうという考えがあり、

それを形にする方法のひとつとして、

フェイスブックがプラットフォームを提供するよ、という流れです。

mixiやこのフェイスブックのようなSNS、

モバゲーやグリーのようなソーシャルゲームプラットフォーム、

その他、世界に数多くあるソーシャルグラフをつくっているSNSサイト的なものの、

人間関係をうまく統合して、

その他情報サイト的なものに活用していこうという感じです。

☆ ☆ ☆

f8では、

CNNのニュースサイトの例が出ていましたが、

ちょっと分かりにくいのでこれを日本式に置き換えてみます。

————————————————

ある日、とんかつが食べたくなった結城さん(35歳・♂)

“ぐるなび”で新宿のとんかつ屋さんを検索したら15店舗出てきました。

どれもネット上のレビューだけでは甲乙つけ難い。

しかしその内の2店舗にはそれぞれ結城さんのお友達二人ずつが、

「いいね!」と推薦しています。

A店舗には・・・山田さん・青木さんの推薦「いいね!」マークが。

B店舗には・・・川上さん・鈴木さんの推薦「いいね!」マークが。

普通に考えると知っている人のオススメは重要度が高いので、

15店舗の内に2店舗に絞らてきます。

そしてその後の絞り込みは、ケースバイケースだと思いますが、

鈴木さんとは食べ物の趣味が合うからな~、

ということでB店舗に決めたりするのでしょう。

————————————————

そんな感じで情報サイトに、

友人・知人のオススメが付加されるイメージです。

基本的には、

情報があり過ぎてどう選んでいいのかわからない中、

友人・知人・趣味趣向が近い人の判断・評価(フィルター)を通して、

価値ある情報を掴んでいかないと収集がつかないよね、という

時代背景がベースとなっています。

フェイスブックf8
http://www.facebook.com/f8

情報検索の歴史

1)人の手によるカテゴリ分け(初期Yahoo!)

2)アルゴリズムによる評価(google)

3)人の口コミ(ソーシャルフィルタリング)

口コミの歴史

1)ユーザーレビュー

2)リコメンデーション

3)ソーシャルグラフ

なんだかやけに難しいですね。

まっ、サッカー応援しましょう(笑)

☆ ☆ ☆

あんまりソーシャル、ソーシャル言われると、

なんだかな~、

と感じてしまう結城さんにお送りします(笑)

ANTHRAX(アンスラックス)

『Anti Social』

http://www.youtube.com/watch?v=-t0affoV5rI

名曲です。

おまけの話

1)私もお世話になっている海外進出支援会社の、

株式会社みかん箱さんのセミナー情報です。

—————————————-

●バーリンホウが生の声!

中国の女性が語る、今の流行と日本製品

http://ameblo.jp/hidawataru/entry-10570273130.html

—————————————-

バーリンホウとは一人っ子政策下の80年代に生まれた、

従来の人民イメージを大きくくつがえす消費意欲を持った、

中国の若者のことです。

私も参加したいです。

ここの社長もお若いのですが、

勢いがあります。

イケイケドンドンな感じです(笑)

株式会社みかん箱
http://www.mikan-b.co.jp/

====================

2)青森の下北半島より

青森の大間(まぐろで有名な)のまちおこしゲリラ、

『青空組』さんが、

満を持して、

下北つながりということで、

東京の下北沢にやってくるそうです(笑)

—————————————-

■7月11日(日)12時~18時

■下北沢駅北口・みずほ銀行駐車場

下北半島特産品エリアにて、モーレツ販売!

脇の下の縫い目に、うまくプリントできないと言われてから
苦節10年。NASAとの共同開発により(←大ウソ)ブレ
ークスルーを実現。幻のウニ・テーシャッツが登場します!
その場で着てくださった方には、いいことあり!(←考え中)

■俺のノナ↓↓↓
http://oma-aozora.jp/products/nona.html

発売に合わせて、ノナ・キャンギャルの「山本ノナ&ガゼ」
もデビュー。キューティすぎて、くらくらしますよ。
乞うご期待!

—————————————-

上のリンクのTシャツだけでも見てください。

デザインがすごいんです。

世界に通用します(笑)

====================

3)『ビジネスランチミーティング、できれば運気も上げたいな会』

6/30(水)ランチミーティング@東京タワーの近くの謎のパワースポット

http://d.hatena.ne.jp/botyuki/20100625/p1

謎の投資家ナラサキさんが謎のパワースポットへ案内してくださいます。

☆ ☆ ☆

以上、

明日は、仲間内で、

「東京を見下ろしちょっとばかし大きな気持で将来の夢を語る会」

というのを執り行ないます。

夕方、都庁の展望台から東京を見下ろし、

「なんだ、東京もたいしたことねぇな」とつぶやきつつ、

その後、高層ビル45Fの居酒屋(背伸びしない)で、

天下国家について語ってきたいと思います。

そういえば、

かつて下北のワタミさんで、

天下国家について大いに大声で(笑)語っていた際に、

隣席のおじさんから、

「ご高説を拝聴しておりました。ぜひ名刺交換を!」

とお声がけをいただいたことがあるのですが、

そのおじさん、

来年発売される、

ニンテンドー3DSに『3DグラフィックスIPコア』なる部品を納入した、

今をときめくベンチャー企業の社長様だったりするから、

人生は面白い。

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル
http://www.dmprof.com/

そんな結城でした!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。