模索するブログ

Just Exploring

安部礼司を聴きながら考えた3年前と3年後

| Comments

「安部礼司を聴きながら考えた3年前と3年後」

(bot_vol.8)

3年前に思いを馳せる

『NISSAN あ、安部礼司~BEYOND THE AVERAGE』というラジオ番組が

TOKYO FMにて、

毎週土曜日17時から放送されているのですが、

わたしはこれを毎週聴くのを無常の喜びとしているのです。

まっ、なんて地味な生活!(笑)

「この物語は、ごくごく普通であくまで平均的な38歳の安部礼司がトレンドの荒波に揉まれる姿と、

それでも前向きに生きる姿を描いた勇気と成長のコメディである。

日曜の黄昏時、若さと渋さの間で揺れるナイス30′sのアナタに贈る

『鼻歌みたいな応援歌』を、ツボな選曲とともにお楽しみ下さい!

(「あ、安部礼司、サイト」より引用)

詳しくは、
http://bit.ly/abereiji

どうやら3月13日(土)から、

『時をかける少女』(http://tokikake.jp/のリメイク版が上映されているらしく、

その流れで、

主人公である安部礼司の後輩「飯野 平太」が3年前の2007年にタイムスリップするところから、

本日の物語がスタートしたッス。

というわけで私自身もしばし過去に思いを馳せました。

☆ ☆ ☆

2007年か・・・・・・。

たった3年前といえどもずいぶん状況は変化したなぁとシミジミと感じました。

そもそもまだサラリーマンやってましたし。

劇中では、

・東京ミッドタウンのオープン
・第二東京タワー計画(東京スカイツリー)
・そしてバブル的な浮揚感

が表現されていました。

5年や10年はいうに及ばず、

たって3年でも状況はまったく変わってしまうんだなー。

皆さんの3年前(2007年)はどんな感じだったのでしょうか??

申し訳ありません。前回はこれをさらっと紹介し過ぎました。

経済産業省が発表した、

『日本の産業を巡る現状と課題』

これはかなりよくまとまっているなー、とあらためて思うのです。

総ページ数50ページありますが、
30分かけてぜひ読んでください!
↓↓↓
http://www.meti.go.jp/committee/materials2/downloadfiles/g100225a06j.pdf

それでも読まない方のために(笑)、

ざっくりと要約しますと、、、

1)日本経済はもう行き詰ってる。

2)それは構造的な問題である。

3)で、「今後、日本は、何で稼ぎ、何で雇用していくか」について

真剣に考えていこう。

で結論的には、

4)グローバル製造業(自動車、電機、鉄鋼など)は海外での競争力を維持しよう。

5)「技術のあるモノづくり企業」「感性・文化関連事業」「地域内需型産業」等々が、

(グローバル大企業経由ではなく)ダイレクトに、

海外マーケットに繋がることが必要。

※PDF資料の48ページ参照

個人的には、

ここには書かれていませんが、

日本に来る短期旅行者&長期滞在者に対する「おもてなし系産業」

もしくは、

既存の産業をもう少し外国人対応にシフトしていくという方向だと考えています。

申し上げにくいのですが・・・・・

「なんだ結局それかよ!」

みたいな声を予測しちゃうのですが、、、

やっぱり英会話くらいできないとね!(笑)
やっぱり英会話くらいできないとね!(笑)
やっぱり英会話くらいできないとね!(笑)

弊社の中期ビジョンとしては、

『平均的日本人の英会話能力を向上させる』

というのがあります。

今までに、

ハワイ、インド、タイ、タイ、香港、バリ、

サンフランシスコ、サンフランシスコ、サンフランシスコ、タイ、

タイ、バリ、韓国

という国や地域を訪ねたのですが、

サンフランシスコ以外では、

必ず日本語でのサービスも受けることができました。

日本はいいお客さんだったので、

みんなそりゃ頑張りますよね。

日本人が外国人旅行者や滞在者をキッチリともてなす時代というのが、

今この瞬間ではピンとこないかも知れませんが、

この先、

3年後の2013年頃には、

もしかすると当たり前になっているのかも知れません。

と、考えた日曜日の黄昏時でした!

ってことで、皆さん、

英会話やりましょうよ!!

e4eオンライン英会話
http://www.e4e-english.com/

結城が書いているスタッフブログ
http://ameblo.jp/e4e-staff/

おまけの話

1)

2008年の9月にリーマンブラザーズが破綻し、

いわゆる100年に一度の不況が、

誰の目にも明らかになったそのまさに翌月、

私は株式会社ブレイクオンスルーを創業いたしました。

そうすると、

「いや~、結城君すごいね、こんなタイミングで。若さだね!」

などとお褒め頂くことも多々あるのですが、

実際には起業の準備というのは6ヶ月~1年前からやっているわけで、

我々2008年起業組は、

仲間内では、

『08年うっかり組』

と言われています(笑)

「いや~、こんな時期に思い切ったね~」

という言葉は、

『09年あえて組』

にかけてあげてください。

2010年起業組みはなんと呼べばよいのでしょうかね?

『10年それでも組』?

====================

2)

アジアITビジネス研究会さん主催の、
http://www.asia-itbiz.com/

「米アップル vs サムスン

韓国企業のスマートフォン・電子Book世界戦略と激動の韓国通信市場」 」

講師: 趙章恩 氏 (韓国ITジャーナリスト))

に参加させていただきました。

いやいやいや、

「韓国でわしも考えた」(http://www.breakonthrough.biz/news/2010/01/bot-vol1-1.html

で書いたことに結構事実誤認があったりもしました(笑)

韓国はiPhoneが09年11月に発売される前から、

スマートフォン市場が盛り上がっていたかのように想像していましたが、

やはり韓国においても、

iPhoneショックは大きかったようです。

サムスンもアップルのビジネスモデルを大いに研究して、

catch upを目指している、とのことでした。

講師の趙(ちょう)さんに、

「最近、韓国人の方が日本人よりずっと英語がうまいと聞くのですが?」

と訪ねたら、

「それは命懸けですから。」

と。

我々もハングリーに頑張るぞ!

☆ ☆ ☆

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

ブレイクオンスルー結城@猫アレルギー検査中

でした!

バックナンバー | ニュースレター

AD